ホームページ制作

企業ホームページの必要性の判断に役立つマーケティング知識

自社サイトを作ろうと思ってはいるんだけど別に必要性が無いんじゃないか?という声が社内から上がっている。プロに頼んで作ってもらおうとしているけど、その後の運用が分からない。ライバル会社もホームページ作って無いしないから無理して作らなくていいか、と思っている…。

そんな感じで、結局ホームページを作らずに二の足を踏んでらっしゃる中小企業さんは案外まだまだ多いのでは無いでしょうか?

ええ、実は別にホームページを作らなくてもいいと言えばいいんです。本当に必要なければ。ホームページ無しでも売り上げが上がり、ホームページ無しでも会社の事業内容を分析でき、ホームページ無しでも採用がうまくいっているのなら、わざわざ作る必要は無いかもしれません。

しかしそうではなくて、

  • ホームページがあると売り上げアップにつながる
  • ホームページがあると自社の事業を分析し経営に活かせる
  • ホームページがあると人材を採用しやすくなる

かもしれない!

と期待しているからこそ、
ホームページを本当に開設すべきかどうか気になるんですよね?
今回はそんなホームページ開設の可否判断に迷っている方に対して、判断するための必要知識をお伝えできたらと思います。

 

 

 

この記事の内容

【事前チェック】そもそもこんな会社はホームページを作らない方がいい!

と、ホームページの必要性を詳しく解説する前に、
そもそも論としてまずはあなたの会社にホームページが必要かどうか、事前チェックをしていただきたいんです。

僕たちのチームも今までに様々な商談を重ねてきましたが、中には「うーん、無理してホームページ作らなくていいんじゃないかな」と、私たちがつい思ってしまうようなお客様もいました。

しかし逆に「なにがなんでも作った方がいいです!」「今がチャンスです!」と全力でオススメしたくなるお客様もいました。

 

目的があまりに曖昧だったり、環境があまりに整っていないのであれば、作らない方がいい場合だってありますだから本題を始める前に、ちょっとだけ以下を確認してから読み始めてください。

こんな会社はホームページが必要!!

❶売り上げをアップさせたい
❷新規スタッフを雇用したい
❸自社がどう思われているのか分析したい
❹お客様に「サイト無いの?」とよく聞かれる
❺自社の事をもっとよく知ってほしい
❻もっと顧客かから信頼されたい
❼顧客リストを構築したい
❽親近感を演出したい

もしかしたらこんな会社はホームページ必要無い!?

❶売り上げが十分にあり更に増えると困る
❷ホームページに対して「予算」も「時間」もどちらもかけることができない
❸ホームページを担当するスタッフが全くいない
❹作っておいたら後は放置するつもり
❺ホームページでPRしたいものが決まっていない
❻なんとなく作りたいだけ

 

ホームページは営業戦略上非常に重要なポジションを占める働きをしてくれるものです。
しかしそもそも儲かり過ぎててこれ以上儲かると自社のキャパシティを完全に越えてしまっていては作っても苦しくなるだけです。

反対にそもそも営業戦略がまだ固まっていなかったり、ホームページを作る理由が「なんとなくホームページあった方がかっこいいんじゃない?」ぐらいであるなら、予算や時間をかけてまで作成する理由は無いかもしれませんね。

また、ホームページ管理・運用を対応する社内スタッフが1人もいないのであれば、業者さんに外注して作ってもらったとしてもその後ホームページはずっと放置されるだけで、せっかく作ったホームページが無駄になってしまう恐れもあります。

 

もちろん『ただホームページがあるだけでいいから』、という理由で作るのも全然アリなのですが、ホームページは、目的や戦略があって初めて効果が最大化されるもの。

「売り上げ上げたい!」
「戦略的に営業を展開したい!」
「スタッフを雇いたい!」

こんな風に強い目的や想いを持っている方にこそ、ホームページを作ってもらった方がいいのです。だから、あなたがそんな人であるのなら以下の解説にお進みください。

 

 

 

メリットを知り企業ホームページの必要性を理解しよう

ホームページを作るメリットをしっかり把握できると、企業がわざわざコストをかけて自社ホームページを開設する必要性も自然と理解できてきます。今一度、ホームページを作るメリットをおさらいしましょう!

 

 

【メリット1】売り上げアップにつながる

ホームページは皆さまが期待するように、売り上げアップを見込めるメディアです。
自社ホームページは以下のような様々な役割を果たしてくれます。

 

 

企業ホームページは24時間営業してくれるメディア

10年以上前のWEBサイトの営業スタッフは、「ホームページはあなたの代わりに24時間セールスをしてくれますよ!」との売り文句を武器にセールスを行っていましたが、これは今でも間違いではありません。

テレビは決まった時間に数秒〜十数秒のCMを流すだけですし、新聞広告も1日で終わってしまいます(しかも数十万〜数百万円コストがかかる!)。
その点ホームページは一度開設すれば、ずっと情報を流し続けてくれます。

お昼に名刺交換しその名刺にアドレスが載っていれば、夜その名刺を見返しながらあなたの会社のサイトを調べてくれるかもしれません。テレビで「続きはWEBで!(古い 笑)」と言っておけば、覚えていてくれた視聴者があなたの会社を検索するかもしれません。
真夜中であっても、いつでも欲しい情報を表示してくれるのです。

 

 

いつでもどこからでもお問い合わせが来る

ホームページに『お問い合わせ』機能を実装しているサイトは数多くあります。
資料請求、ご質問、購入カートなどなど、ホームページに実装しておけば、いつでもどこからでもお問い合わせをいただけます。

朝出社したら、お問い合わせメールでメールボックスがパンパンになっている…、なんて事も珍しいことではありません。
そして、お客様の立場としても『24時間問い合わせができる窓口がある』ということは、大きな安心や信頼につながる大事な要素なのです。

 

 

企業ホームページがあるだけで信頼につながる

「今時、自社サイトも無い会社なんて…」
もしかしたら、あなたもそんなボヤキを聞いたこともあるかもしれません。
事実、ある程度の規模の会社になると、多くの会社が自社サイトを持っていますよね。

以前までとは異なり、ホームページは顧客からの信頼を獲得するための必須メディアになってきています。あなたも、名刺交換した後はほぼ必ずその相手の会社のホームページを探しますよね?

逆を言うと、サイトがあるだけで「割としっかりしたサイトあるなこの会社」と、たとえ小さな会社や出来たてホヤホヤの若い会社であっても信頼に繋がるのです。

 

 

伝えたい情報をしっかり伝えられる

自社ホームページと、SNSやLINEとの間で大きく異なる点は『情報量の多さ』です。

基本的に『企業サイト』に訪れる人は、その企業そのものに興味がある人達ですので、彼らに向かって自社の理念や営業方針・会社概要・お取引先・サービス品目などなど、たくさん伝えるべきことがあります。

したがって、自社の情報をしっかりと正しく伝えることができるのは企業ホームページのメリットと言えます。また基本的にはスペースに特に制限が無いので(利用するサービスにも寄りますが)、どこまででも深く自社の魅力を伝えることができます。

 

 

営業活動の重要なハブになる

ホームページは自社の様々な営業活動においてハブのような役割を果たしてくれると言えます。

 

  • 名刺交換をした人が、その名刺に貼ってあったQRコードからホームページのもっと詳しい情報を見てくれる
  • 就職説明会合同イベントで配ったパンフレットから、学生さんがホームページを見に来てくれる
  • SNSで流した情報を気になった人が、もっと詳しい情報を知りたくて、リンクを辿ってホームページを見に来てくれる

このように、様々な営業活動と繋がり合い、ハブ的に活躍してくれるのがホームページです。『情報拠点』と言い換えてもいいかもしれません。ホームページならではの情報量を存分に活かしましょう。

 

 

【メリット2】自社の事業を分析するために役立つ

新聞やテレビに広告を出したとしても、その広告を『どれだけの人が見てくれたか?』なんて分からないですよね。なんとなく「たくさんの人!」というのは分かると思いますが、正確に38,542人!という風には分からないですよね。
でも、分かるんです、ホームページなら!

 

 

最強の無料ツールGoogleアナリティクス

ホームページにどれだけ人が興味を持ってくれるのかを解析するツールは他にもたくさんありますが、その中でも最もポピュラーなものはGoogleアナリティクスと呼ばれる、その名の通り検索エンジン最大手のGoogle社が提供しているものです。

自分の会社のホームページに簡単な設定をするだけで、
『自社HPにどれだけの人が見に来てくれて、その内のどれだけの人がリピーターで、それだけの時間HPに滞在してくれて、、、」なんていうあんなデータやこんなデータがめちゃくちゃ細かく確認できます。しかも無料で!

例えば、
『WEBサイトに来てくれた人の数は先月と比較して何%増えた!?』とか、『お問い合わせページまで行って、最終的にお問い合わせボタンを押してくれた人は何人!?』とか、『サイトを見に来てくれるのは大体何歳ぐらいの人たち!?』とか、気になる事をばっちり調べることができてしまいます。

データを取得できるので、
①仮説検証②結果と原因の分析③対策を立てる、いわゆるPDCAサイクルを回しやすくなります。

そして、取得したデータはホームページ運用だけでなく、事業そのものにもフィードバックすることができます。
例えば『自分たちのサイトに来てくれる人は思ったより若い人が多かった!』とデータを見て気づいた食品メーカーの人は、サイトのデザインを若者向けに変えるだけでなく、商品パッケージなども若者向けに変えるかもしれませんよね。

ホームページから得られたデータは、色んなところに有効活用ができるのです。

 

正確には、何『人』かが分かるわけではありません

解説で分かりやすくするために『人』と表記しましたが、正確にはcookieという仕組みを介して計測される数値であり、正確な人の数を表すわけではありません。
例えば同じ人が同じサイトを、スマホとパソコンで別々に見た場合、UU(ユニークユーザー数)は2人とカウントされます。
あくまで参考値として捉えましょう。

 

 

【メリット3】人材獲得が期待できる

比較的年代の高い世代の人材を獲得したいのであれば、インターネットを使わずに採用活動を行ったりもします。

しかし年代の若い世代の人たちは、仕事探しの活動のほとんどはオンライン(インターネット上)で行っているので、企業が行う採用活動も必然的にオンライン上になります。

インターネット上で採用活動を行うことは、有望な人材を獲得するためへの大切なステップなのです。

 

 

現在の求職者の行動パターン

求職票を必死で探したり求人誌を片手に就職活動をしていたのはもはや過去のこと。
現在、特に若年層では多くの人がインターネットを使って求職活動を行っています。

Indeedなどが最近では主流ですが、さらにGoogleも求人サービス(Google for Jobs)を始めるなど、よりインターネット上での求人活動が重要になってきています。

従来までは自社採用サイト×Indeedを利用して、いかに効率的に採用活動を行うかが争点になっていましたが、今後その動きはさらに活発化するでしょう。

 

 

WEBサイトを使って求職者にアプローチする

WEB上で情報収集をしてくる求職者のためにその人たちが知りたい情報を掲載すれば、採用の可能性がグッと上がります。

自社ホームページは表現の幅が広いため、様々な自社の職場の魅力を伝えることができます。

代表の理念や会社の目指す方向をビジュアルと共に伝えることはもちろん、動画や漫画などあの手この手の表現手段を使って、自社ホームページで採用活動を行う会社も増えています。

【参考】
採用ページ内で自社の職場について解説している例
株式会社リンクル

 

 

 

自社ホームページを持つ前に知っておきたい注意点

自社ホームページのメリットをたくさん確認していただきました。
「やっぱりホームページは絶対必要だ!」と思っていただけたかもしれませんが、ちょっと注意すべきこともあります。

 

 

【注意点1】ホームページは活用してこそ!

今まで解説したように、一見ホームページを作ることはメリットだらけのように感じられますが、『しっかり活用してこそ』であることを忘れてはいけません。

よく「ホームページを作ったはいいけど、誰も見に来てくれない」という悩みを持つ人がいます。
それもそのはず、実はホームページをただ『作っただけ』ではあんまり意味が無いんです。

 

 

綺麗に作っただけの無意味なホームページにならないために

自社のホームページをせっかく作るのであれば、もちろん綺麗に、そしてかっこよく作りたいものです。

自社の魅力を最大限表現するためにデザインにこだわることは、ホームページを作成する上で非常に重要な要素です。

しかし、それは必要な要素のうち、一つの要素にしか過ぎません。
綺麗に作ったとしても、『そのサイトを見る人のこと』や『そのサイトの目的』をしっかり吟味してから作ったわけでないのだとしたら、もしかしたらそこにかけたコストや時間も無駄になるかもしれないのです。

今解説したような、
『サイトを見る人』や『サイトの目的』をしっかりと定義し、サイトの役割を方向づける作業のことをWEBマーケティングの業界では『ディレクション』と呼びます。

『ディレクション』抜きに作られたホームページは、無駄なホームページになり得ると覚えておきましょう。

【参考記事】
企業ホームページの必要性を判断する上で必要な基礎知識

 

 

 

ホームページを隣町にポツンと立ったパン屋のようにしないために


あまり行かない隣町の住宅街。どこに大きな庭付きの屋敷があり、どこに公園があるのか、あなたは全く知りません。

そんな隣町にパン屋が新しくできました。

そのパン屋のことを、あなたは知っているでしょうか?どんなパンが売りでしょうか?どこを目印にしたら駅から簡単にたどり着くでしょうか?

もちろんあなたはこんなパン屋ができたことなんて知りませんよね。道もよく分からないし、滅多に行かない街なのに、そんなところにできた新しくできたパン屋のことなんて知るよしもありません。

 

実はあなたの会社のホームページも、できたてホヤホヤの時は、その存在すら誰にも知られていません。知っているのはあなたの会社の人と、ホームページを作った業者さんぐらいです。

仮に先に解説したようなホームページのターゲットや目的をしっかり決めて、デザインもめちゃくちゃこだわってホームページを作ったとしても、何もしないままでいるとあなたのホームページは誰にも知られないパン屋のような存在になってしまいます。
そうならないために、サイトを作ってからも様々な工夫が必要です。

 

ホームページを作った後にすべきこと

●名刺に自社ホームページのアドレスを載せる
●QRコードなどを載せてアクセスしやすくする
●請求書を送る封筒などにアドレスを載せる
●営業スタッフに告知させる
●SNSで紹介する
●SNSで拡散する
●WEB上に広告を出す
●その他の広告媒体で告知する、連動させてPRする
などなど

ホームページにつながる導線をたくさん作っていく必要があるんですね。
ここをめんどくさがっていては、せっかくの宝の持ち腐れとなってしまいます。

 

 

 

【注意点2】運用にはコストがかかる

ホームページは作成する時だけでなく、運用する際にもコストがかかります。

最近はペライチやWIXなどホームページのデザインやコード作成などの知識がなくても無料でホームページを簡単に作れるペライチやWIXなどのサービスが出てきているので、以前に比べるとホームページ作成だけでなく運用も行いやすくなりました。

とは言え、一定以上の機能を使おうと思ったら無料→課金制にプランが変わったりして結局料金コストがかかることも多いですし、なにより手を動かす人の時間や人件費もコストですよね。

ホームページを使ってメリットを得ようと思うと、どんな方法を取るにせよなんらかのコストはかかるのです。

 

 

運用コスト例:ドメイン・サーバー・管理費用・更新費用など

運用コストの中でも、
①ドメイン・②サーバー・③管理費用・更新費用などは、運用コストとして一般的に挙げられるものです。

①ドメイン

簡単に解説するとホームページのアドレスの事で、こちらはドメインの種類にも寄りますが数百円〜数万円/年間かかります(稀ですが中には数十万円かかるものも!)。
アドレス=住所にお金がかかるって妙な感じなのですが、WEB上では基本的にはアドレスには金かかる!と覚えておいて正解です。

②サーバー

ホームページを置いておく場所です。ここでは土地のようなものとして例えて説明しますね(めっちゃ強引な例えですが)。
サーバーが無いとホームページを表示させることはできません。土地に地主がいるように、サーバーにもサーバーを管理する会社があり、そちらに代金を払うことになります。

この費用に関してはサーバー会社やサーバーの規模や機能、契約内容にもよりますので、一概にはなんとも言えません。
無料のサービスもあれば月額数百円〜数千円かかるところもありますし、大きな会社のネットインフラ全体を管理しているサーバーだったらもっとかかります。

③管理費用・更新費用

ホームページの管理や更新を管理会社(デザイン会社やWEBマーケティング会社など)に預ける際にかかる費用です。

こちらも取り扱う会社によってその料金設定は様々です。
月額費用の範囲内でホームページに起きたエラーを解消してくれたり、ホームページ内の一部の内容を更新してくれたりすることもあります。

また一定以上の作業量の更新(該当の1ページのみガラッと内容を変える、など)の場合だけ月額とは別にスポットとして請求される…などなど、各社それぞれですので、もし管理や更新を他社に預ける場合は契約条件をしっかりと確認しましょう。

その他、
アクセス解析代行、SEOコンサルティング、スパム対策など、様々な運用コストが発生する場合があります。自社のニーズに沿って、どのような管理項目が必要かを確認しましょう。

また、これらの項目毎にパッケージングして月々の管理費用を提案しているWEB関連会社も多く存在しています。

 

ホームページ担当者は決めておいた方がいい

今までホームページ持っていなかった会社が、これからホームページを作成し、しっかり運用していこうとするのであれば、必ず担当者が必要となります。

経営の考え方にも寄りますが、中小企業では一定額の金額までは業者さんに任せて、コスト削減のために自社でできることは自社のスタッフに担当させようとする会社さんが多いように思えます。

しかし自社スタッフに任せようとする場合には注意が必要です。
経営側が「ホームページ運用なんかには、そんなに時間がかからないだろう」とタカをくくってしまったがばっかりに、ホームページ運用を『他の仕事と兼任』で任された社内スタッフに仕事のしわ寄せが行ってしまい、結局運用がうまくいかなくなるケースが多いからです。

これからさらに解説するように、ホームページでしっかり結果を出すためには、それなりの手間と知識が必要となります。経営者も、兼任で任された担当者も「意外と大変」と後から気づくことになるのです。

「意外と大変だー!」と後から気づいて慌てないために、ホームページを使うことで叶えたい目的や、目的から逆算した作業量を照らし合わせて、スタッフにどれだけの仕事を任せるかしっかり考えておく必要があります。

管理や更新・戦略立案から実行までの多くを、あるいは全てを業者さん任せにする方法もあります。ホームページを作成してくれる業者さんと、以後の運用についてもあらかじめ話し合っておくといいかもしれません。

 

 

【注意点3】ガッツリ運用するなら知識が必要

ホームページ開設の目的にも寄りますが、もしガッツリ運用が必要なホームページを作るのであれば、それなりの知識が必要です。

 

 

そのデータ、どうやって読み解きますか?

いざホームページを作り運用を開始!数ヶ月経てばそれなりにデータも集まってくるでしょう。でもちょっと待ってください、そのデータをどう活用すればいいか、ご存じですか?

先ほど解説したGoogleアナリティクスには『ユーザー数』『セッション数』『直帰率』『離脱率』『セッション継続時間』『ページビュー数』『平均セッション時間』などなど、もうめちゃくちゃ様々なデータが集まってきます。

なので、これらのデータを用いて、「どこに力を入れてホームページを運用していけばいいか?」「どこを変更しテストすればいいのか?」を検討し決めていくのですが…

そもそもこのデータのどこをどう見れば、意味ある結論にたどり着けるか、それが分からなかったら始まりません。
データだけではなく、データ解析の知識が知識があってこそ、データが初めて役立つんですね。

 

 

ライバル多数!どうやって勝つ?

20年前、まだインターネットが赤ちゃんのように生まれたてだったあの頃、WEBサイトにお商売を掲載するだけで、嘘のように商品が売れる時代がありました。

しかし今は違います。当時と比べると驚くほど世界全体のインターネット通信量が増えました。ライバルが全くいない市場を見つけたならいいのですが、普通は市場にライバルが存在していて、その会社もおそらくホームページを持っているでしょう。
現在は多くの企業がインターネットで商売を仕掛けている状況です。

 

もし、サイトをがっつり運用して、サイト単体で結構な額の売り上げを立てたいのであれば、サイト運用の知識に加えてマーケティング知識やそれに付随したデザイン知識・セールスライティング知識なども必要となってきます。

自社独自の強み(USP)、競合や自社がおかれている環境の分析(4CやSWOT分析)、ブランディング計画(CIやVI)などのマーケティング知識やデザイン知識・セールスライティング知識などを駆使して、ライバルたちと戦っていくことが求められます。

 

 

 

ホームページは中小企業の味方

後半は注意点をたくさん解説したので、「やっぱりやめとこうかな…」と思った人もいるかもしれませんので、『それでもやっぱりホームページは必要な理由』を別の角度から説明しますね。

 

 

ホームページの有用性調査結果

ここに中小企業庁委託で行われた調査結果があります。
こちらからは、ホームページがしっかり活用され成果に繋がっていることが読み取れます。

中小企業庁委託調査1

小規模事業者におけるホームページの開設の有無と販売先数の変化を見ると、ホームページを開設していない事業 者よりも、開設している事業者の方が、販売先数が「大幅に増加した」、「やや増加した」と回答する事業者が多いこ とが分かる。ホームページの開設が、販売先数の増加につながっていることが確認できる。

出典:中小企業庁

※ただし上記のグラフを見るとホームページを作った会社の販売先数(つまりお客様の数)が「以前と変わらない」と答えている層も一定数いるので、更新をまめにするなど、しっかりホームページを活用する大切さも暗に見えてきます。

 

 

インターネット市場は広がり続けている

ホームページは前半に説明したようにメリットがたくさんあって、それが故にインターネット上のマーケットは常に右肩上がりに増え続けています。

また、以下はホームページに限った話ではなくインターネット全体の話になりますが、日本の最大手広告代理店電通の電通報を見てみると、

マスコミ4媒体(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ)の広告費は右肩下がりなのに対し、インターネット広告は2016年に約1兆3,000億円だったのが2018年には約1兆7,000億円越えているのが分かります。マーケットが右肩上がりで拡大しているのが分かりますね。

 

 

まとめ

ホームページ開設にあたっては注意点もありますが、開設し運用していくメリットは多く、そのため利用者やそこから恩恵を受ける人がどんどん増えています。

 

ホームページは、24時間働き続け、信頼構築に役立ち、営業戦略上重要な役割を果たしてくれます。
自社がどれぐらいホームページにエネルギーを注ぐかの度合いは、ホームページにどのような効果を期待するかに寄ります。もしホームページの効果を最大化して成果に繋げたいのであれば、活用方法を学び社内の環境もある程度は整えた方がより良いでしょう。

これら様々な要素を吟味した上で、やはり『ホームページを作った方がいい!』という結論に達したのであれば、あなたの会社にとってホームページの必要性は高い状態にあると言えます。

自社で運用していく場合はしっかりと運用指針を検討していきましょう。業者さんに委託などをする場合は、自社がホームページを使って叶えたい目的をしっかりと伝え、意味あるパートナーシップが結べるように働きかけましょう。

 

ABOUT ME
マエダソウイチロウ
マエダソウイチロウ
WEBマーケティングユニットmusubuのグラフィック&ウェブデザイン担当。我が子と遊ぶのが好きすぎて、「どっちが子どもか分からん」とよく言われる。「お腹すいた」が口癖なので、街で見かけたら好物のカレーを奢ってあげてください。