SNSマーケティング

中小企業がSNSマーケティング運用をした場合のメリットとデメリットとは!?

どうもどうも。以前ブログポータルを運営していて大炎上を経験したマエダが通りますよっと。

SNSでマーケティング運用を考えてる中小企業の担当者さん、下手なことやらかさないか不安ですよね?

ええ、確かにSNS運用にはデメリットもたくさんあります。
でもメリットだってたくさんあるのです。無料だし、拡散性あるし、いいことテンコ盛り。
その証拠に、SNSで大成功を納めている会社があるのはあなたも知ってますよね?

事実をしっかり把握すれば怖いものなどあろうか、いや無い。
今回は、企業がSNSをマーケティングで運用する上でのメリット・デメリットを深掘りしました!

 

 

SNS運用のデメリットとは?

まずは嫌なことを先に理解しちゃいましょう!
後からちゃんとメリット説明するから!まあ聞いてくださいって!

 

情報の命が短い

インスタもFacebookもtwitterも、共通のものがあります。そう、タイムライン。

タイムラインは次から次に情報が流れていってしまうので、フォロワーが多い人ほど、あなたの会社が発信した大事な情報に触れる時間が短くなってしまいます!

そのことを回避するために必要なのは、あなたの会社のSNSアカウントにファンをつけることです。ファンが増えると、タイムラインだけでなく、アカウントそのものに情報を取りに来てくれる人が増えます。

 

ファンを作るには労力と時間が必要

ファンを作るにはアカウントに人間性が垣間見えることが必要。
ファンを作るには徹底的に読者に役立つ情報提供が必要。
ファンを作るにはアカウント主や企業の物語性が必要。

などなど、コンサルタントと言われる人たちは、SNSにファンをつけることについてあーだこーだと言っております。

…全部正解ですね!
運用するには、運用する人の特性もあるので、ファンを作るために上記に挙げたようなことを全てする必要は無いです。

とは言え何かしら理由(そのアカウントの魅力)が無いと、ファンにはなってくれません。
ファンを作るにはそれなりの労力が必要。結果を出すにも時間がかかるのが通常です。

 

ライバルが非常に多い

なにやら、SNSは効果的らしいぞ。
なにやら、SNSは無料らしいぞ。

そりゃそう聞いたら誰だって使いますよ。あなたの会社のライバルだって一緒です。もう猫も杓子もSNSです。

当然ライバルが多くなるため、その中で勝ち続けるための情報のオリジナリティ、情報の鮮度、根強いファン、それを叶えるための確かな戦略が必要となってきます。

 

一種類のSNSだけの運用じゃ済まないかも

それぞれのSNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE、Youtubeなど)にはそれぞれの特徴があります。抱えているユーザーの顧客層や、性格的タイプもなんとなく傾向があって、それぞれ異なっています。

1つのSNSだけでうまくハマればいいのですが、やはり様々な角度からカバーしようと思うと結局は複数のSNSを運用することになります。

また1つのSNSだけだと、先ほどお伝えしたように情報の鮮度がすぐに失われるので、情報の鮮度を複数の層でカバーするという意味でも、複数のSNSアカウントで運用することは必然的に出てくるでしょう。

そうなると…単純に大変!やること増える!

FacebookページとInstagramを連携する方法でSNS運用を時短しよう!SNSをビジネス活用する上で、企業にのしかかるのがSNS運用の手間や時間です。FacebookページとInstagramを連携することで、企業におけるSNS運用の手間や時間を短縮して、効率的にSNS運用をしていきましょう。...
4大SNS活用方法
企業はSNSを使い分ける必要がある!目的別SNS使い分け企業事例5選SNSを活用して狙った効果が得られている企業はまだまだ多くありません。なぜなら「どのSNSを使うと効果があるのか?」「どういった点に気をつければいいのか?」といったSNSを効果的に使える人材や知識が十分ではないからです。 今回は、企業が狙った効果が得られるように、商品・サービスの特性や目的にあわせたSNSの使い分けについて事例もあわせて紹介いたします。...

 

SNS担当者へのしわ寄せが意外と無視できない

企業のSNS担当者は、だいたいその他の業務と並行してSNS運用を行います。中小企業だと特にその傾向があるかもしれません。

「配送確認をして、伝票起票して、会議にも出て、ああ!今日Twitterアップしてない!」とこんなに忙しいにも関わらず、SNS担当者はSNS業務を行っている時はまるで遊んでいるように見られたりします。

「なんだ、あいつ仕事サボって」とか言われちゃうわけです。
まったくひどい話だ。

よりSNSで結果を出したいなら、実は外(お客様や読者)だけでなく、中(上司や同僚、贔屓にしてくてるお客様)の戦略も大切です!

 

結局SNSのアカウントが放置になりがち

担当にしわ寄せが行った挙句、SNSアカウントが放置気味になる、なんてパターンはよくあることです。
人材資源が豊富とは言えない中小企業であれば、余計そうなる可能性があります。

作ったアカウントが放置されていると、全世界に仕事サボってます感が伝わってしまいますので、一度アカウントを作ったら最後に閉鎖する時までしっかり運用すること!

 

アカウント凍結リスクあり

今までの努力が水の泡に…!
あまりにあざといSNS運用をしていたり、SNS本部への報告(要はクレームですね)が多かったりした場合、アカウント凍結になる可能性もあります。

上司からの数字の重圧に耐え、人が喜ぶ投稿を一生懸命考え、同僚の冷たい目線を背中で感じながら運用してきたのに、そんな…アカウント凍結だなんて…。
こういった事態も起こり得るから注意が必要です。

 

アカウントが凍結される理由

・他のユーザーへの迷惑行為
・差別発言や暴力発言
・違反報告数が多い
・利用規約違反
・商標侵害など法令違反
・スパムとみなされる

など様々な理由が考えられます。

たまに、特別な理由が考えられないのに凍結されることもあります。
そんな場合は落ち着いて解除申請すれば良いので、各申請手段に従って落ち着いて行いましょう。

 

ご存知…炎上リスクがあり!

一生懸命配信する情報を考えて、いろんな人にファンになってもらって、複数のSNSも頑張って運用して、同僚の冷たい視線に耐えて、各SNSのルールも犯さないよう最新の注意を払ってきたのに、まさか…炎上するなんて…そんなそんな…。

SNSを運用している上では十分に考えられることです。

最近は以前とは炎上の質が変わってきたため以前よりは炎上の脅威は薄れているとは言え、やはり炎上時につきものの心の無いコメントや、嫌がらせダイレクトメッセージなどは担当者の心をじわじわと削りますし、運用する会社のブランドを毀損する可能性もあります。(最近はユーザーも賢くなったので、本当にその会社が何かやらかしてない限りは、炎上程度でそのブランドは毀損されないとは思いますが)

炎上に至るまでは特定のパターンがありますので、それらを理解して炎上に繋がらないように用心勤め励みましょう。

 

炎上するパターンあるある

・企業(やその従業員)が不祥事や防げたはずの事故を起こした
・刺激的な(賛否両論を引き起こしやすい)投稿をした
・企業(やその従業員)が一般的な倫理観やモラルに反することをした・言った(テレビの会見の失言やCM上の表現など)

多くはこのどれかに当てはまると、炎上のきっかけになり得ます!

企業のSNS炎上防止
企業のSNS炎上における3つの対策方法!なぜ彼らは投稿するのか? 会社の信用を傷付けるような従業員の不適切な言動によるSNS炎上報道を見て「うちの会社は大丈夫だろうか?」と不安になる事はありませんか...

 

SNSマーケティング運用のメリット

ちょ、ちょ、暗くなってませんか?
大丈夫ですよ!ちゃんと考えて気をつけて運用していれば。
現実にSNSを運用している会社はたくさんあるわけですから。
ピンチやデメリットは裏返せば全てチャンスやメリットとなり得ます!

 

費用がかからない

運用スタッフの人件費はかかりますよ。あとバナー作ってもらうのにデザイナーに依頼したりする時も費用はかかります。SNS上で広告出したら費用かかります。念の為。

とは言え、基本的に費用がかからないのがSNSの魅力なので、工夫次第では予算を全然かけていないのにあなたの会社の情報を爆発的に伝えることも可能です!

 

鮮度の高い情報を届けられる

あなたの会社のWEBサイトにある新着情報欄、どれだけの人が見てくれているでしょうか?上場している会社のIR情報とか、新製品をめっちゃ出してるアパレルとか、超面白い社長のブログがあるとか、そうでも無い限りはほとんど見られることも無いでしょう。

しかし!SNSはしっかりフォロワーを掴めば鮮度の高い情報をオンタイムで届けることが可能です!

新しい情報をこまめにアップするようにして、「このアカウントは鮮度の高い情報を届けてくれる!」と認識してもらうようにしましょう。

 

ファン(フォロワー)を作るのが簡単

「さっきと言ってることちゃうやん!」と言われそうですが、まあ聞いてくださいって。
もしこの世にSNSが無かったら、あなたの会社にファンを作ることって難しくないでしょうか?

どれだけ優秀な営業マンでも1日に会えるお客さんの数は限られています。
でもSNSなら自社アカウントに1万人を超えるフォロワーをつけるのだって夢では無いのです。

これは直接的なコミュニケーションを手軽に取れるSNSならでこその特徴と言えるでしょう。

ファンを作るにはアカウントに人間性が垣間見えることが必要。
ファンを作るには徹底的に読者に役立つ情報提供が必要。
ファンを作るにはアカウント主や企業の物語性が必要。

もしファンを作るために必要なことがこれらであるならぜひやってみましょう!

 

深いファン(フォロワー)ができやすい

SNSを通じてファン化された人は、ただ単純にCMやチラシだけを見てあなたの会社の商品を買ったりサービスを利用する人とは異なり、あなたの会社の考え方やキャラクターをよく理解してくれている人たちです。

SNS上で、あなたの会社が提供するとても役立つ情報に振れ好感度が上がったり、直接コメントのやりとりをしたり、時は厳しい意見をしたりすることを通じて、

あなたの会社を利用(買う)するだけの人から、
あなたの会社が好きな人に変わるのです。

 

拡散力絶大!

SNSの魅力と言えば、そう拡散力です。
言わば勝手にフォロワーやファンたちがあなたの会社の情報を広めてくれます。
宣伝料ゼロで爆発的に情報が広がることもあります。

SNSマーケティングは掛け算!?

ちなみに、SNSのマーケティングは以下のような公式で表現できます。

優れたコンテンツ×フォロワー×シェア数

優れたコンテンツを作れば、フォロワーも増え、シェアも増えます。
シェアが少なかったらフォロワーを増やす努力をすればいいし、フォロワーが多いのにシェアが少なければ、コンテンツの見直しやシェアを促す仕掛けや努力が必要かもしれません。

SNSで集客を!効率よく拡散を狙うために重視すべき3つのポイント!会社のSNSアカウントはいろいろ持っているけど、フォロワーも少ないし拡散がうまくできていない・・・その結果、SNSからの集客がちっとも効果を感じられずに悩んでいる方!そんな方のために、効率よく拡散するために重視したい3つのポイントをまとめてみました。...

 

ファン(フォロワー)がいろんな事を助けてくれる

本当にあなたの会社のファンになってくれた人は様々なことを手伝ってくれます。
情報を拡散してくれたり、イベントに参加してくれたり、イベントに人を呼んでくれたりと、会ったことも無い人がそこまでしてくれる様は、ちょっと感動ものですよ。

地道なコミュニケーションが必要ですが、WEB上とは言えちゃんと心が通じた人はなかなか離れないどころか、大きな力になってくれるのです。

人的資源に限りのある中小企業では、もしかしたら今後ますます自社のアカウントのフォロワーの重要性が増すかもしれません。

最近ファンの力と共にマーケティング界で急成長しているのが、キングコングの西野亮廣さんです。ファンをクライアントとして見るのではなく、共に歩むメンバーとして見る姿勢がすごいですね。かなり大きな額のプロジェクトを、ファンとの力によって叶えています。

 

 

まとめ

SNSマーケティング運用のデメリット
・情報の命が短い
・ファンを作るには時間と労力が必要
・ライバル多し
・一種類のSNSの運用だけでは済まないかも
・SNS担当者へのしわ寄せ
・アカウント凍結リスクがある
・炎上リスクがある

SNSマーケティング運用のメリット
・鮮度の高い情報を届けられる
・ファンを作るのが簡単
・深いファンが作られやすい
・拡散力が大きい
・ファンがいろんなことを助けてくれる

このように色々とメリット・デメリットを確認してきましたが、しっかり運用して結果を出している企業はたくさんあります。

中小企業が学びたいSNS活用の成功事例集今やSNSの活用は中小企業にとって必須とも言われています。 なぜなら低いコストで最大限の効果を発揮できる可能性を秘めているから。 ...

こちらも参考にして、よりよいSNS運用を目指しましょう!

 

ABOUT ME
マエダソウイチロウ
マエダソウイチロウ
WEBマーケティングユニットmusubuのグラフィック&ウェブデザイン担当。我が子と遊ぶのが好きすぎて、「どっちが子どもか分からん」とよく言われる。「お腹すいた」が口癖なので、街で見かけたら好物のカレーを奢ってあげてください。