SNS集客

飲食店がSNSで集客をするために大切な7つのポイント

本日は飲食店を経営されていてSNSで集客をしたいと考えている方に向けて、SNS集客のポイントをまとめました。

  • 飲食店に相性がいいSNSって何?
  • どんなことをすればお客さんがお店に来てくれるの?
  • フォロワーが全然増えないんだけどどうすればいいの?

上記のようなお悩みをお持ちの方に、SNSを活用して集客をするために大切な7つのポイントをお伝えします。

 

飲食店と相性がいいSNSは?

日本で使用者数が多いSNSといえば、Twitter・Facebook・Instagram・LINE、この4大SNSですが、では飲食店と相性がいいSNSはどれなのでしょうか?

それはズバリ、Instagramです。

なぜInstagramなのかと言うと、Instagramは綺麗な写真が一覧で見られる「写真」が主体のSNSだからです。

Facebook やツイッターでも画像を載せることはできますが、写真をより際立たせ食欲を駆り立てやすいのはInstagram です。

インスタ映えという言葉があるように、おしゃれだったり、美味しそうだったり、綺麗だったり、思わずシェアしたくなるような画像は多くの人の注目を集めます。

美味しそうな雑誌の写真を見ていて「このお店に行ってみたい」という気持ちになったことは誰しもあるのではないでしょうか。

飲食店の広告では写真がとても重要であり、写真が主体のInstagramが飲食店と相性が良いと言えるのです。

 

飲食店のInstagram集客 7つのポイント

飲食店のSNS集客ではInstagramが効果的とお話しさせていただきましたが、Instagramで集客する際にもポイントがあります。

ポイントを7つにまとめさせていただきましたのでぜひ参考にしてくださいね。

 

プロフィール欄をしっかり作成する

Instagramでフォローしてもらう時にとても大切になるのがプロフィール欄です。

飲食店のプロフィール欄では、以下のような内容を載せることが大切です。

  • 飲食店の名前
  • どんな食事を提供しているのか
  • どんな雰囲気なのか
  • どんな人におすすめの飲食店なのか
  • 場所はどこか
  • 連絡先

以上のように相手にとって必要な情報をしっかりと入れることが大切です。

プロフィール欄が充実していると、あなたの飲食店について理解しやすいですし、もしあなたのInstagramを見てお店に行きたいと思った時にも行きやすいです。

 

またプロフィール欄には#(ハッシュタグ)もいくつか入れることができます。

4つくらいハッシュタグをつけることをおススメします。

ハッシュタグをつけておくと、ハッシュタグの後ろの言葉を検索した時に引っかかります。

プロフィール欄にハッシュタグを入れすぎるとビジネス色が強くなるのであまり入れすぎないようにしましょう。

 

フォローやいいねをしてくれた人にはお返しをする

これはマインドの話になりますが、Instagramでフォローやいいね、コメントなどをしてくれた人にはしっかりとフォローやいいね、コメントをお返ししましょう。

例えばあなたのお店に行ってお店の感想をインスタに投稿してくれた場合には、いいねをしたりフォローをしたりなど、相手の心遣いを感じたらしっかりと返すことをしましょう。

してもらったら返す。

人間関係でも大切なことですが、ビジネスでもそれは一緒です。

フォローやいいね、コメントをしてくれた人にはしっかりと返すようにしましょう。

これは後々の信頼感にも繋がります。

 

インスタ映えするメニューを考える

Instagram を使って集客をしたいと考えているのであれば、インスタ映えするメニューを考えるのが効果的です。

インスタ映えとは、Instagramに投稿した時に綺麗に見える写真、思わずシェアしたくなるような写真のことを言います。

インスタ映えするメニューを作っておくことで、Instagramに投稿されやすくなりますし、ハッシュタグにあなたの飲食店の店名を入れてもらえたりすることも増えて、Instagramでの露出が増えます。

インスタ映えするメニューの写真を、店の公式Instagramアカウントにのせておいて、ブランディング化もできます。

食べておいしいことも大切ですが、SNSでの集客を目指すのであれば見た目の良さも大切です。

ぜひインスタ映えするメニューを考えてみてくださいね。

 

食材の安全性などこだわりを載せてブランディング化を図る

飲食店の公式Instagramアカウントでは、店の食材を作っている人の写真の投稿などもあります。

食材を作っている人の顔が分かることで、食の安心感も高まりますし、食材の安全性のこだわりなどを発信すれば、ブランディングにも繋がります。

食材にこだわりがある飲食店は 取り組んでみることをおススメします。

 

統一感を大切にする

Instagramは画像が横に3つ並び、一覧で表示されます。

飲食店のアカウントでも、たまに趣味の車の写真だったり、 プライベート写真だったり、飲食店の価値を高める写真ではないものが投稿されていることがあります。

1つテイストが違う写真が入ると、途端に統一感のないアカウントになってしまいますので、基本的に同じようなトピックの写真を載せていくようにしましょう。

Instagramは全体的な写真の統一感も大切なのです。

 

イベントの告知もおしゃれに

Instagram を活用している人の属性は、20代~30代の女性が多いです。

おしゃれに関心の高い世代が使っているSNSなので、イベントなどの告知もおしゃれになるように心がけましょう。

 

#(ハッシュタグ)キャンペーン

#の記号はハッシュタグと言うのですが、#キャンペーンを行って、お客さんに#付きでInstagramに投稿してもらうことも出来ます。

例えば飲食店でフォトコンテストを開いて、コンテストに参加する人は「#店名」「#暑い夏に激辛つけ麺フォトコンテスト」など、2つのハッシュタグをつけるという条件で#キャンペーンを行うのです。

そうすると「#店名」の投稿が増えて、あなたのお店のInstagram上での露出が増えます。

また、フォトコンテストに投稿される写真は皆さん工夫してキレイに美味しそうに撮られるので、あなたのお店のメニューを魅力的に紹介してくれる写真が集まります。

 

上記の7つのポイントを押さえてInstagramを運用することによって、あなたの飲食店のブランディング化と知名度アップが狙えます。

全てを実践することは難しいかもしれませんが、1つ1つ丁寧に行っていくことで結果につながっていきますので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

Instagram集客をするために大切なマインド

ここまでInstagramで飲食店に集客を行う方法についてお話してきましたが、あなたはどう感じられたでしょうか?

「意外とやることが沢山あって大変なんだな・・・」

そんな風に思われたかもしれません。

実際SNSで集客を行っていく場合は、上記のような努力が必要なことを覚悟して取り組んでいかなければいけません。

アカウントを作っただけでお客さんが来てくれるわけではないのです。

しかし、しっかり誠実に、お客さんの役に立つような発信や企画を行っていけば、必ず集客の1つの柱として成長してくれますので、挑戦しないのはもったいないです。

SNS集客をするなら、それ相応の努力が必要なことはぜひ頭において運用を行ってください。

SNS集客を自分で行っていくのが難しそうだという場合は私たちmusubuもSNS運用をお手伝いしますので、まずはご相談いただければと存じます。

 

まとめ

飲食店の集客をSNSで行うのであればInstagramの相性がいいです。

 

以下の7つポイントを押さえて企画・運用をしていくことで、フォロワーを獲得し、集客につながる可能性が高くなります。

  • プロフィール欄をしっかり作成する
  • フォローやいいねをしてくれた人にはお返しをする
  • インスタ映えするメニューを考える
  • 食材の安全性などこだわりを載せてブランディング化を図る
  • 統一感を大切にする
  • イベントの告知もおしゃれに
  • #キャンペーン

SNSで集客を行う場合は意外とやることが多く根気がいりますが、しっかり運用を行うことによって来店にもつながっていきますので、ぜひ参考にされて運用していってくださいね。

 

ABOUT ME
まりも
まりも
日頃お世話になっている方、これは広めたい!という活動をされていらっしゃる方のお役に立ちたくてライターをしています。石川県在住。ドラえもんとジョジョが好きです。