ホームページ制作

誰でも簡単に企業ホームページを作成できる方法とは?

インターネットが普及している今の時代、企業にホームページは必須です。

 

しかし、『ホームページは欲しいけど、制作業者に依頼する予算はない・・・。』と悩んでいる方も多いのでは無いでしょうか?

 

大丈夫!
今は簡単にホームページを作成することができます。

 

ホームページが無い企業はウェブからの集客はもちろん難しいだけではなく、会社の信用に関わってきます。

 

例えばあなたが初めて会う方と名刺交換をした時、相手がどのような会社か気になりますよね?

 

大抵は名刺にURLが入っていますが入っていない場合は、企業名を検索するでしょう。
その時、検索してもヒットしなかったら・・・

 

『・・・??怪しすぎる・・・』

って思いませんか?

企業のイメージもダウンです。

 

お店も一緒で、『知る人ぞ知る名店』とかであればホームページが無くても理由はわかりますが、ホームページも無く雰囲気もわからないお店に行くって結構勇気いりますよね?

 

このように今は企業のホームページが無いだけで、ブランディングにも大きく影響されてしまいます。

 

ここでは簡単に企業ホームページを作成する方法として流れを解説していきます。

簡単に企業のホームページを作成する手順は?

ホームページを作成する手順はいくつか方法があります。

  1. ウェブデザインを学び、1から作成する
  2. ブログソフトウェア「ワードプレス」を使う
  3. ウェブ制作会社に依頼する

 

今回はこの3つの中で、一番リーズナブルで簡単な方法としてワードプレスを使った企業ホームページの作り方を解説します。

 

ちなみにこちらはワードプレスを使った実際のサイトです。

ワードプレステーマTCDから引用>

このような簡単に企業ホームページを作成する方法として、いくつか手順があります。

  1. ドメインを取得する
  2. レンタルサーバーを借りる
  3. ドメインを設定しワードプレスをインストール
  4. ワードプレステーマで簡単に企業ホームページを作成する

それでは順を追って解説していきます!

ドメインを取得する

企業のホームページに限らず、ホームページを作成するにあたりドメインが必要になります。

 

http://●●●●●●.●●●(●部分を決める)

 

ホームページを家に例えるのであれば、ドメインは住所にあたります

 

家を建てるには住所が必ず必要です。

また同じ住所で家を建てることは不可能と同じで、同じドメインを作ることはできませんのでお気をつけください。

 

さてどうやってドメインを取得すれば良いのでしょうか?

独自ドメイン取得サービスのサイトはたくさんありますので、自分が使いやすいところで良いと思います。

 

ちなみに私がよく使っているはムームードメインです。

赤枠の部分に自分が希望するドメイン名を入れてください。

入れるとドメイン一覧が出てきます。

このように取得できるドメインの一覧が出てきます。

ちなみに赤枠の「取得できません」というドメインに関しては、既に取得されているドメイン名なので取得することが不可能です。

 

今回は法人向けのドメイン「yakimanju.co.jp」を購入してみます。

 

購入に進むとこのような画面に進みます。

ドメイン設定は今回エックスサーバーを契約する前提としてお話しします。

 

ネームサーバの部分は「GMOペポパ以外のサービス」を選択します。

続いてネームサーバ1〜5の部分は

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

このような形で設定してください。

 

.comなど一般の方が購入できるドメインはこれで購入できますが、法人向けドメインはこれだけでは終わりません。

.co.jpは法人ドメインなので担当者の欄から登記の情報まで記載しないと購入できません。

少し手がかかりますが、法人企業はやはり.co.jpドメインの方が信用性もありますし、何より箔が付きます!

 

ちなみにレンタルサーバー会社にドメインを取得できる会社も多いですが、私は敢えて分けています。

それはどちらかの会社に何かがあってもリスクを最小限に抑えるためです。

レンタルサーバーを借りる

次にレンタルサーバーを借ります。

レンタルサーバーはドメインとホームページに必要なデータを格納して、ウェブ上から閲覧できるようにします。

 

レンタルサーバーも自分が使いやすそうな会社を選べば良いですね。

 

レンタルサーバーで有名どころは

  1. エックスサーバー 
  2. さくらサーバー
  3. ロリポップ

ここら辺を使っておけば良いかと思いますし、お試し期間が設定されているレンタルサーバーもあるのでまずは使ってみるのもいいかもしれません。

 

今回はエックスサーバーで話を進めさせていただきます。

まずは右にある申し込みボタンからクリックします。

エックスサーバー は10日間は無料でサーバーを使えますので、使いやすさを試すには良いかもしれません。(試したものの、解約した場合はドメイン移管をしなくてはいけないので手間ですけどね(^◇^;))

赤枠の「新規お申し込み」をクリックして進みます。

あとは契約内容から会員情報まで間違いが無いように記入して、申し込みを完了させます。

プランはX10・X20・X30とありますが、サーバーの容量などが違いますので自社にあったプランをお選びください。

 

登録した際に送られてくるFTP情報は、ホームページを運用する上で大事な書類なので必ず保管してください。
また、第三者に情報が回らないようにも注意が必要です。

ドメイン設定からワードプレスインストール

ドメインを購入しただけではもちろん使うことはできないので、契約したレンタルサーバーに設定をしていきます。

非常に設定自体も簡単なので、安心してください。

ドメインを設定する

ログインをしてサーバー管理に進むと上記の画面が出てきます。

ここで先ほどドメインを取得した「yakimanju.co.jp」を設定するために、赤枠のドメイン設定をクリックします。

ここで取得したドメイン名を記入して必ず「無料SSLを利用する」と「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」にチェックマークを入れます。

内容に間違いがなければ追加して完了してください。

ワードプレスをインストール

続いてワードプレスをインストールします。
(ワードプレスに関する説明は後述で)

まずは上記の赤枠にある「Wordpress簡単インストール」をクリックします。

そうするとドメイン選択画面に進みます。

 

ドメイン選択画面に進んだら、先ほど設定したドメインが表示されているはずですので、そのまま選択して次の画面に進んでください。

すると上記の画面が表示されますので、上から記載していきます。

ちなみにブログ名やユーザー名、パスワード、メールアドレスなどは後から変更することも可能です。

記載に間違いが無ければこのままインストールを行なってください。

ワードプレスのインストールが正常に行われれば、上記のように表示されてメールアドレスにも同じ情報が送られてきますので必ず大事に保管してください。

ワードプレステーマで簡単に企業ホームページを作成する

先ほどから「ワードプレス」という言葉連発していますが、初めて聞いた方も多いかと思います。

「無料でホームページが作れてしまうブログソフトウェア」

という認識で良いと思います。

 

数年前はホームページを作るのはHTMLやCSSの知識が必要不可欠でしたが、元々ブログ専用で使われていたワードプレスがここ数年でホームページ制作にも使われるようになりました。

今では多くのワードプレスのデザインテーマが発売されています。

好みのワードプレステーマを探す

ワードプレスのデザインテーマとはある程度ホームページのデザインが完成していて、あとは自社の情報(社名・事業内容・住所など)を書き換えればHTMLやCSSの知識がなくても簡単にホームページが完成します。

 

人気のあるワードプレステーマは色々ありますが、企業ホームページに最適なテンプレートは意外と限られています。

 

まずテーマにお金をかけずに使いたいのであれば無料で使える高機能WordpressテーマLightningをオススメします。

Lightningは見た目はキレイで非常に使いやすいテーマです。

機能、デザイン、日本語にも対応していることを踏まえて、このクオリティのテーマを無料で使えるのは中々ないのではないでしょうか?

 

続いてワードプレスデザインテーマの種類を多く抱えているワードプレステーマTCDです。

国内でも人気が非常にあり、企業向けのワードプレステーマも扱いながらブロガー向けのワードプレステーマも扱っています。

店舗向けも多く扱っているので、自分好みのワードプレステーマが見つかると思います。

 

今回はTCDのテーマをインストールしてみます。

レンタルサーバーにワードプレステーマをインストールする

さてワードプレスのテーマをダウンロードすると圧縮されたデータがダウンロードされます。

圧縮データは解凍しないでそのままに状態にしておきます。

先ほどワードプレスを簡単インストールを行なった際に送られてきたインストールURLにアクセスして、ユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを記入します。

ログインすると下記の画面が表示されます。

 

外観→テーマ→テーマ追加→テーマアップロード

 

このように進み先ほどダウンロードした圧縮データをインストールして有効化することによって、簡単に企業ホームページを作成することができます。

 

あとはインストールしたワードプレステーマのマニュアルを読みながら、自社の情報を記載してみてください。

企業ホームページ開設だけで満足してはいけない

さてこのブログを見ながら企業ホームページを開設できた方、お疲れ様でした。

きっと初めてのことだらけなので大変だったと思いますが、このブログが少しでも役に立てれば幸いです。

 

ここで急に厳しいことを言うようですが、企業ホームページを開設しただけで満足してはいけません。

 

キレイなホームページもできたし大満足!

と言いたい気持ちもわかりますが、ただ単にキレイなホームページだけでユーザーはあなたから商品を購入、もしくは問い合わせまで行動を起こすでしょうか?

 

昨今、ワードプレステーマによって非常にクオリティが高いホームページが多く見受けられます。

その一方でただ単にキレイなホームページだけで、訴求力が乏しいホームページも多いことは確かです。

 

ホームページがキレイになった!

決してこれだけでは他社と差別化はできません。

 

ホームページにとってもっとも大事なことは・・・

  • 他社と差別化できるデザイン
  • 訴求力の高いコピーと読ませるデザイン
  • ターゲットに合ったホームページ作り

以上のことが必要になってきます。

それでは1つずつ解説していきます。

他社と差別化できるデザイン

ワードプレスのテーマによってキレイな企業ホームページになることができました。

もちろんキレイで見やすいホームページにはなりましたが、ワードプレステーマは簡単に手に入れることができるため唯一無二のホームページを見ることが少なくなったのも事実です。

 

さてどうしたら他社と差別化できるホームページになるのでしょうか?

それは・・・細かいところにもデザインに力を入れることです。

 

どう言う意味かというと、例えば下記の画像を見てください。

A、Bの画像がありますがどちらの方が興味深いでしょうか?

もちろん右側のBですよね?

 

Aはただ単に肩書きと名前を入れただけですが、Bは画像をトリミングして肩書き、名前をうまくレイアウトしています。

 

これだけで訪れたユーザーの反応がだいぶ変化するでしょう。

たかが画像1つかもしれませんが、このような細かい部分もデザインを手がけることによって差別化することができます。

訴求力の高いコピーと読ませるデザイン

ホームページに掲載する「言葉」は非常に大事です。

特にファーストビュー(ユーザーが訪れた時に最初に見る画面)が非常に大事です。

 

折り込みチラシには「3秒ルール」という言葉があります。

チラシを手に取った3秒間で「捨てる」もしくは「そのまま読む」という行動を起こします。

ウェブでも「3秒ルール」が存在します。

ファーストビューで「ページを閉じる」か、もしくは「そのまま読み進める」。

 

一瞬でユーザーの心を掴むようなキャッチコピーを掲載しないとユーザーは、そのままページを閉じてしまいます。

 

またキャッチコピーがいくら良くても、デザインでコピーを読ませるレイアウトを制作しないといけません。

デザインに力を入れすぎて、肝心なキャッチコピーが死んでしまっては元も子もないですからね。

 

『心を掴むキャッチコピー』と『コピーを読みやすいデザイン』は必ずファーストビューで必要です。

ターゲットにあったホームページ作り

見た目がキレイなホームページでも、そのターゲットに合ったデザインやコピーでないと意味がありません。

 

ホームページを制作する時は必ずターゲットをどのような人物なのかを決めます。

俗に言う「ペルソナ」です。

 

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • どのような悩みを持っているか?
  • 悩みが解消されればどのような未来が待っているか?

など上記はほんの一例ですが、実際ペルソナ作りはさらに深く掘り下げて、ターゲットを絞り込んでいきます。

絞り込むことによって、ターゲットにより刺さるホームページになります。

ここの軸がブレてしまうと、訴求力の弱いホームページになってしまうので注意が必要です。

 

ホームページを作る際は、ペルソナを大事にしましょう。

またペルソナを作る方がデザイン作りやすいですし、なによりターゲットに心に刺さる訴求力の高いコピーを書くこともできます。

まとめ

さて今回は簡単に企業ホームページを作成する方法として記事を書かせていただきました。

簡単にまとめると・・・

  1. ドメインを取得する
  2. レンタルサーバーを借りる
  3. ドメインを設定しワードプレスをインストール
  4. ワードプレステーマで簡単に企業ホームページを作成する

ドメイン取得、レンタルサーバの契約、ワードプレステーマをインストールの手順で誰でも簡単に見た目がキレイなホームページを作成することができます。

 

しかし、ワードプレステーマの普及によりホームベージの品質も上がりユーザーの目が肥えてきていることも事実です。

決して企業ホームページを開設したことがゴールではないのです。

 

これから企業ホームページを作成する方には、他社と差別化できるようなホームページを作ること強くオススメします。

 

他社と差別化するようなホームページを作るには・・・

  • 他社と差別化できるデザイン
  • 訴求力の高いコピーと読ませるデザイン
  • ターゲットに合ったホームページ作り

このことを念頭に置き、企業ホームページ作成に向き合ってみてください。

 

ABOUT ME
若旅 宏和
若旅 宏和
"Dragon Ash"と"RIZIN"をこよなく愛す群馬県伊勢崎市在住の若旅(わかたび)です。musubuではグラフィック&ウェブデザイン担当。ロゴマークのデザインからランディングページまで幅広く制作します。娘に「かっこいいパパ」と思われるように奮闘中。JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)会員/ロゴ初心者講座 講師