ランディングページ活用

ランディングページ単体にSEOで集客するのが難しい3つの理由

企業のWeb担当
企業のWeb担当
商品のランディングページを1つ作って、SEO対策で集客したい!

今回は、そんなお望みを持つ方に向けて「ランディングページのSEO」についてお話ししていきます。

 

結論から言うと、ランディングページ1枚にSEOで集客するのは・・・かなり難しいです。

冒頭から夢も希望もない話をしていますが、どうしてランディングページはSEOに不向きなのか?理屈が分かれば納得するはずです。

そして、ランディングページの真の活かし方も分かるでしょう。

 

この記事では、

  • ランディングページがSEOに不向きな3つの理由
  • ランディングページを活用して集客する方法

について、詳しくお伝えしていきます。

Webを活用した集客・売り上げアップにつながるヒントとなりますように!

 

ランディングページがSEOに不向きな3つの理由

SEO

まずはSEOの基礎知識を簡単におさらいします。↓

SEOとは?

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略。

ある特定のキーワードで検索された時に、検索1ページ目の上位(広告枠以外の部分)に情報をランクインさせ、見つかりやすくすること!

そもそも、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの役割は、検索者が求めている情報(疑問や悩みの答え)を素早く返すこと!

つまり、SEO対策がうまくいくのは「検索者の抱える疑問や悩みにドンピシャで答えた情報」を公開したとき!!

これを踏まえて、なぜイチ商品に特化してPRをおこなうランディングページがSEOに不向きなのか?を解説していきます。

 

【理由①】検索ユーザーの85%は、商品PRの情報が欲しいわけじゃない

セールス

 

企業のWeb担当
企業のWeb担当
ランディングページが多くの人の検索でヒットして、そこから商品が売れたら最高!

ランディングページのSEOを望む方は、きっとこのようなイメージをしていることでしょう。

ですが実際、「何かを購入したいと思って検索をしている人」はそこまで多くありません。

 

世の中の人たちが検索で使用する「キーワード」は、大きく3つの種類に分けられます。

①インフォメーショナル(情報収集型)キーワード⇒全体の85%

何かを知りたい、悩みや疑問を解決したいという意図で検索されるキーワード

【例】
「ダイエット 方法」
「たけのこ 下ごしらえ」
「無線LAN 家庭用 相場」

②ナビゲーショナル(案内型)キーワード⇒全体の10%

特定のWebサイトを見つける目的で検索されるキーワード

【例】
「坂本龍馬 ウィキペディア」
「Amazon」
「Softbank 問い合わせ」

③トランザクショナル(取引型)キーワード⇒全体の5%

購入を含め、何か手に入れたいという意図で検索されるキーワード

【例】
「iPhone 壁紙 ダウンロード」
「ネット保険 見積もり」
「名刺 印刷 最安」

※パーセンテージは「検索意図から導くサーチマーケティングの基本」を参照

 

そうです。何かを購入したい!と明確な目的で検索活動をしている人たちは、全体のたった5%なんです。

商品に成約させることが目的で、そのためのPRががっつり書かれているランディングページは、一部の「購入意欲の高い人たち向け」の情報となります。

反対に、世間のほとんどの人たちは「そんな熱くPRされても・・・」と、まだ気持ちの盛り上がっていない見込み客の段階なのです。

 

一部の購入意欲の高い人たちは、ランディングページを見ればあなたの商品・サービスを購入するかもしれませんが、なんせ母数が少ない!

そんなキーワードを狙ってSEOをおこなうのは、効率を考えるとちょっと・・・という結論になります。

_musubu 佐々木
_musubu 佐々木
SEOをおこなったからといって、そのページが必ず検索上位に来るわけではありません。

購入意欲の高い人に確実に訴求するなら、検索結果の上部にある広告枠を買って、そこにランディングページを設置した方が結果が早く分かります。

【理由②】デザイン重視、文字数少なめのランディングページを検索エンジンは評価しない(できない)

判断

ランディングページの主な役割は広告なので、見た目のインパクトや華やかさなど、感覚に訴えかけるデザインを中心に構成されています。

画像やイラストを多く使い、テキスト(文字)での説明は最小限である場合が多いです。

中には、文字すら凝ったフォントの画像になっているランディングページも。

 

さてここから、SEOの観点で解説です。

実は検索順位を決めているGoogleは、「Webページの内容をテキスト(文字)情報で把握する」という特徴を持ちます。

把握した内容(文字情報)を元に「このWebページの内容は主に〇〇についてだ!ならば、この検索キーワードの答えにぴったりだ!」という具合で、適切な検索キーワードの答えとして紐付け、ランキングに振り分けていきます。

 

・・・と考えると、画像がたくさん!テキスト(文字)情報が少なめのランディングページは、検索エンジンにとっては「どんな情報が載っているのかイマイチ把握できない」存在となります。

内容が正確に把握できないページを、当てずっぽうで検索上位に上げるわけにはいきません。

「ユーザーが欲しい情報を即座に返す」という、検索エンジンの存在意義そのものが危うくなってしまうからです。

 

そもそも、画像を多用して文字情報が少ないランディングページの作りそのものが、SEO向きではないと言えます。

 

【理由③】他のWebページとのリンクが少なく信頼性を確認できない

SEO

検索順位を決めるための判断基準は、200以上あります。

全てGoogleにより非公開ですが、特に重要視されているのが「Webページの信頼性」と言われています。

 

信頼性とは例えば、

  • その道に詳しい人(専門家)が携わっているWebページなのか?
  • そのWebページは、人気があるのか?
  • そのWebページが属しているWebサイトは、1つのジャンルについて掘り下げて説明しているのか?

などです。

 

誰が携わってて、どんな人に支持されてて、どこのWebサイトに属しているのか?

これらは「リンク」によって関係性を確認されます。

 

例えば、肌のお手入れについて書かれたWebページに、

  • 「私が書きました」と美容皮膚科医師のHPへのリンクが貼られていて
  • 多くの美容愛好家たちにページが紹介されていて(SNSでリンクを紹介するなど)
  • 美容ノウハウが書かれた他の記事にもリンクで飛べ、サイト全体で情報が網羅されている

ようになっていたとしたら。

検索順位を決めるGoogleからしてみたら、「このWebページのリンクの貼られ方は信頼できる!検索上位に置いておいても大丈夫!」となるわけです。

 

ですが、このようにリンクが相互に貼られているのはブログなど「記事形式」のWebページです。

ランディングページは「まっすぐに成約ボタンに向かわせる」のが役目なので、あちこち移動されてしまう他のリンクはありません。

加えて、いくつもの記事が集まったWebサイト形式ではなく単体のページのため、情報の厚みもありません。

 

リンクの貼られ方でページの信頼性を判断しているGoogleにとっては、これまた情報不足で検索上位に反映させにくいのです。

 

_musubu 佐々木
_musubu 佐々木

①「購入意欲の高いキーワードで検索するユーザー」は全体の約5%ほど。ランディングページは、検索上位に出るかどうか分からないSEOよりも広告枠で確実に目立つ場所に設置した方がよい。

②そもそも、デザイン(画像)重視でテキスト(文章)少なめのランディングページは、検索エンジンに内容が伝わりにくくSEOには不向き。

③お申し込みボタン以外にリンクがない。(Googleが検索順位を決める際に重視している、「信頼性を担保するページとのリンク」が少ない

以上が、ランディングページがSEOに不向きと言われる理由です。

ならば、ランディングページにはどうやって集客するの?

ランディングページの役割は、あくまでもセールスです。

集客することが役割の「何か」とタッグを組んで、ランディングページまでお客様を連れてきてもらう必要があります。

ランディングページとタッグが組まれる代表的なものは、次の4つです。

  1. リスティング広告
  2. アドネットワーク広告
  3. SNS広告
  4. SEO対策をしたWebコンテンツ(記事)

 

①リスティング広告

検索連動型広告とも言われます。

ランディングページの内容が響くであろうキーワードが検索されたとき、画面上部の広告枠に露出をする方法です。

「Googleアドワーズ」や「Yahoo!プロモーション広告」に出稿します。

検索連動型広告

 

②アドネットワーク広告

あらゆるWebサイトにバナー型となってあらわれる広告です。

バナーをクリックすれば、ランディングページにリンクする仕組みです。

「Googleアドセンス」や「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」に出稿します。

バナー型広告

 

③SNS広告

SNSのフィード(投稿一覧画面)になじんで表示される広告です。

広告上のリンクをクリックすると、ランディングページに誘導できる仕組みです。

FacebookやTwitterなど、各種SNSのビジネスアカウントを取得することで出稿できます。

SNS広告

 

④SEO対策をしたWebコンテンツ(記事)

検索キーワードの3つの種類のうち、もっとも割合が高く全体の85%を占める「インフォメーショナル(情報収集型)キーワード」で上位表示を果たし、そこからランディングページへ誘導するという方法です。

1つ1つSEO対策を施したWebコンテンツ(記事)の公開を地道に続け、見込み客の流入数を上げていきます。

※参考:BOXILマガジン

 

成約を目的に作るランディングページの役割は、あくまでもセールスです。

集客の役割は別の媒体に任せ、連携を取るように運用するのがポイントです。

lpの役割
ランディングページの役割は導線で変わる!シーン別活用方法ランディングページはWeb集客でどんな役割を果たすのか?分かりやすく解説した記事です。ランディングページの役割は、どの集客導線を採用するかによって微妙に変化します。基本のパターン以外にも応用が利くように、シーン別の活用方法を学んでいきましょう。...

 

まとめ

ランディングページは、集客もセールスもと役割を兼ねるページではなく、セールスに特化したページです。

なので、SEOを使った集客には「構造上」向いていません。

ランディングページを作るのであれば、その手前で集客してくれる「Web広告」や「Webメディア(SEO対策をしたブログなど)」の運用も考えましょう。

 

_musubu 佐々木
_musubu 佐々木
ランディングページにすぐアクセスを集めたい場合は「Web広告」を。

時間がかかってもいいから、将来広告費をなるべくかけずに長期的に集客したい場合は「SEO対策を施したWebメディア運営」を採用するのがおすすめです。

ABOUT ME
佐々木絵美
佐々木絵美
通称”ささえみ”です。Webマーケティングユニット_musubuのコンテンツ(文章)設計担当です。WebサイトのSEO対策、キャッチコピーやランディングページなど「伝えるための文章作成」が得意。ブ〇ボンのお菓子を与えると喜びます。