ランディングページ

ランディングページの問い合わせフォームをガチれ!問い合わせ数を倍増せよ!

『問い合わせが全く来てない!』と焦っていませんか?

もしかしたらその原因、問い合わせフォームにあるかもしれません。

 

せっかくランディングページを訴求力高い内容に制作して、アクセスも来ているはずなのに問い合わせが来ないとなると不安ですよね。

 

この記事では、劇的に問い合わせが増える問い合わせフォームのポイントをお伝えします。

 

申し込みやすくするためのポイントを押さえて、問い合わせ数を倍増させ、たくさんのお客様との出会いにつなげていきましょう!

問い合わせ数が倍増する問い合わせフォームはこれだ!

初めに問い合わせ数が上がる問い合わせフォームをご覧ください。

外見は特に他の問い合わせフォームと変わらない気がしますよね。

しかし、この中に問い合わせ数を上げる秘密が隠されているのです。

問い合わせフォームを作る4つのポイント

問い合わせフォームは設置できれば何でも良いわけではなく、より簡単に申し込みをしてもらう工夫が必要になってきます。

もちろんデザインも大事ですが、問い合わせ数を上げるには、次の4つのポイントがあります。

ポイント1 余計な項目は入れない

ポイント2 ユーザーの手間を省く自動入力

ポイント3 吹き出しを使って注意喚起

ポイント4 申し込みボタンは目立たせる

それでは、1つずつ説明していきますね。

ポイント1 余計な項目は入れない

みなさん、こんな経験がございませんか?

気になる商品やサービスのランディングページ、もしくはホームページにアクセスして、いざ申し込みをしようとしたら、申し込みボタンまで入力項目が多すぎて途中で止めてしまったこと・・・。

余程欲しい商品やサービスなどであれば、最後まで根気よく入力すると思います。

しかし、お試し価格で購入したい商品、無料期間なので試しにサービスを使ってみたい時など、気軽にお申し込みしたいときはどうでしょうか?

お申し込みボタンまでのハードルが高いとユーザーは途中で止めてしまう可能性が非常に高くなります。

 

どれだけユーザーに「簡単に申し込みをさせるか」が重要になってきます。

 

もちろん商品にもよりますが、簡単に申し込みをさせる条件としては、余計な項目を入れない。

名前や住所、メールアドレスなど必要最低限のことだけに入力してもらうようにしましょう。

ポイント2 ユーザーの手間を省く自動入力

ユーザーが入力してもっとも面倒な項目って住所ではないでしょうか?

郵便番号から入力して住所、番地、場合によってはマンション名、ビル名まで入力必要があります。

手入力だとしたらめちゃくちゃ面倒ですよね?

 

住所入力の際は、郵便番号を入力するだけで住所が自動入力される機能を備えた状態に必ずしましょう。





郵便番号 (必須)

都道府県 (必須)

市区町村 (必須)

それ以降の住所 (必須)

最近では自動入力を設置している問い合わせフォームを多く見かけますが、まだ手入力の問い合わせフォームも多く存在しています。

 

ユーザーに対して、親切な機能を付けておくだけで離脱を防御することが可能です。

ポイント3 吹き出しを使って注意喚起

全て入力が完了して、申し込みボタンを押した時・・・

「電話番号は半角で記入をお願いします」

「住所は全角で記入をお願いします」

「スペースを入れないでください」

 

など、せっかく最後まで記入して、申し込みボタンを押してこの表示が出たら、

 

「間違えた時点で言ってくれよ!」

と思いますよね?

 

この表示が出た瞬間に購買意欲は薄れて、そのまま問い合わせまでたどり着かない可能性も出てきます。

 

それを回避するためには、フォームの入力項目をクリックして、吹き出しで注意喚起を促してくれたら親切です。

もちろんフォーム項目の下に注意喚起で文字を入れておくことも可能ですが、吹き出しの方が目につくので、私としてはそちらをオススメします。

ポイント4 申し込みボタンは目立たせる

申し込みボタンは必ず目立たせるようにしましょう。

目立たせるポイントとして次の3つを取り入れてみてください。

①ボタンはなるべく大きく作る

②ボタンの色が他の色と混同されないようにする

③押したくなるようなボタンにする

 

ボタンはなるべく大きく作る

他の要素に隠れてしまっては意味がないので、ボタンは大きく目立たせる必要がございます。

もちろん登録フォームに対して大きすぎるのは下品ですので、ほどほどに大きくすることが重要です。

 

ボタンの色が他の色と混同されないようにする

ランディングページのテーマカラーにボタンを合わせてしまって、目立たなくなってしまうことがあります。

 

もちろんテーマカラーを統一するのは重要なことですが、ボタンはの統一はカラーテーマに合わせる必要はありません。

目立たなくては意味がないので、テーマカラーから外れたカラーをボタンで使用するのは全然ありです。

 

押したくなるようなボタンにする

押したくなるようなボタンの特徴はどんなボタンでしょうか?

 

一般的によくあるのはボタンをマウスオーバーしたら色が変化、もしくは透過する。

今すぐ問い合わせる

 

あとは多少動きのあるボタンも良いかもしれません。

動きのあるボタンは、目につきやすいので問い合わせボタンとしては使用可能です。

 

ただあまりにも激しい動きの場合は、ボタンとして認識されないので動きはほどほどにしましょう。

ランディングページの問い合わせボタンの配置はこれだ!

ランディングページ全体に、問い合わせが倍増する工夫をしましょう。

 

それは、どこからでも申し込みが可能な状態にすることです。

ここまでは、問い合わせページについてユーザーが簡単に入力できるようにしましょうというお話をしてきましたが、最後はその問い合わせページをランディングページのどこからでも入れる状態にすることも大事なのでお話します。

 

どのようにするのかというと『問い合わせボタンの固定』という方法です。

 

ヘッダーに問い合わせボタンを設置するのはもちろんですが、ヘッダー以下にコンバージョンボタンを設置するのはどこが良いのか、結構悩みどころだと思います。

問い合わせボタンをどこに配置すれば、申し込みやすいか?

 

それは・・・

追従型(フローティング)ボタンにすることです。

 

パソコン画面とスマホ画面の例に出してみますが、次のようにスクロールしても画面の横や下にコンバージョンボタンがあるという状態にしておくのです。

【パソコン画面の追従型ボタン】

 

【スマホ画面の追従型ボタン】

 

追従型ボタンにすることで、下にスクロールをしても問い合わせボタンは追いかけてきます。

 

つまりどこからでも申し込みが可能ということ。

 

ただCVボタンを追従型にするにあたって、気をつけないといけないこともあります。

 

【注意1 アピールしすぎるとユーザーから嫌われる】

追従型ボタンはユーザーの視界に常に入ってくる状態です。

あまり目立ちすぎるようなデザインの場合は、ユーザーから嫌われる可能性が出てきますので、アピールはほどほどにしましょう。

 

【注意2 ボタンの高さによってはスマホだと悪影響】

スマホの画面はパソコンの画面と違って非常にコンパクトです。

そのため、追従型ボタンを設置するときは高さに気をつけないと、ボタンでメインの部分が隠れてしまい、ユーザーにとって悪影響になってしまいます。

設置するときは、ユーザーに配慮した高さにすることを心がけましょう。

まとめ

ランディングページにとって、問い合わせフォームで問い合わせ数が左右されるといっても過言ではありません。

アクセスは結構あるけど、問い合わせまでに繋がらない原因は、もしかしたら問い合わせフォームが原因の一つかもしれませんので、今回の記事を参考に確認してみましょう。

今日のおさらい

・余計な項目は入れない

・ユーザーの手間を省く自動入力

・吹き出しを使って注意喚起

・申し込みボタンは目立たせる

・問い合わせボタンは追従型にする

ランディングページを制作するとき、私は必ずユーザー目線でデザインを行います。

「どんなデザインにすれば読みやすいのだろうか?」

「どんなレイアウトにすれば、商品の良さがわかるのだろうか?」

「どこにコンバージョンボタンを配置すれば、申し込みやすいだろうか?」

ユーザー側に立ってみると意外と答えが見えてきます。

 

今回の記事を参考に、問い合わせ率が倍増するフォームを作成してみてください。

ABOUT ME
若旅 宏和
若旅 宏和
"Dragon Ash"と"RIZIN"をこよなく愛す群馬県伊勢崎市在住の若旅(わかたび)です。musubuではグラフィック&ウェブデザイン担当。ロゴマークのデザインからランディングページまで幅広く制作します。娘に「かっこいいパパ」と思われるように奮闘中。JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)会員/ロゴ初心者講座 講師