ホームページ制作

企業ホームページのアクセスアップにブログが効果的な仕組みと3つのメリット

 

「ホームページを持っているけれど、あまりアクセスがない」

「SNSでホームページの情報を拡散しても、集客につながらない」

 

そんな悩みで頭を抱えているあなた。

悩みを解決するために、とっておきの方法があります。

 

それは”ブログ運営”です。

 

大手企業のホームページは放っておいてもアクセスが多いですよね。

 

しかし、まだあまり知名度のない中小企業やお店は、ホームページだけがあってもそう簡単にはアクセスは集まりません。

 

まずは、ホームページの「存在」を知ってもらう必要があります。

といっても、広告を出すにも費用がかかるし、SNSで拡散したってアクセスアップの効果はあまりなし…そこで役に立つのが”ブログ”なんです。

 

「なぜ企業ホームページのアクセスアップにブログが役に立つのか」

 

この記事では、ブログ運営をすることで得られるメリットやその仕組み、注意することなどをわかりやすくご説明します。

 

企業ブログを考えている方はもちろん、ブログ運営のことがよくわからない方も、その重要性について一緒に考えてみましょう!

 

ブログがホームページのアクセスアップにつながる仕組み

 

まずは、「なぜブログ運営をすることでホームページのアクセスアップにつながるのか」という仕組みを理解する必要があります。

 

ホームページとは、「情報を発信する媒体」です。

  • 会社案内・人材募集
  • 商品や催し物の紹介・宣伝
  • 定期的な情報の提供

 

企業のホームページは主に、このような情報を発信する目的として作られていることが多いです。

 

それぞれ掲載したいことを分けて、固定化された内容(コンテンツ)を見やすく配置することができます。

そのホームページを見れば、会社の全体像がわかるようなもので、母艦となる存在だと思ってください。

 

それに対してブログは、様々なコンテンツの記事を発信することができます。

最新の情報発信や、あるテーマについて1つの記事でぎっしり説明することも可能。

 

例えば、ブログ記事の1つ1つが船のような存在だとしましょう。

 

それぞれの船(ブログ記事)がWEB上に渡り、日々情報を発信していきます。

そしてその船には、最終的には母艦にたどり着くよう誘導するシステムを組んでおきます。

 

そうすることで、たくさんの船をWEB上に存在させればさせるほど、母艦(ホームページ)の存在をも知ってもらう確率が高くなります。

 

いわば、ブログ自体がその会社の広告のようにもなる、ということです。

これがホームページへのアクセスアップにつながる仕組みです。

 

次は、ブログ運営をして得られるメリットをもう少し細かくご説明します。

 

企業ホームページでブログを運営して得られる3つのメリット

①会社の「存在」を知ってもらうための窓口が広がる

先ほどもお話したように、ブログ記事でホームページへ誘導できるようなシステムにしておくことで、その記事が広告のような役割をしてくれます。

 

広告は本来なら多大な費用がかかるため、広告を出したくても出せないという問題が発生しやすいです。

しかしブログ運営は、初期費用が少しかかるだけで手軽に行えます。

コンテンツも1つのことに絞らなくてもいいので、様々な方面で情報発信をすることができます。

 

例えば、「ある食品メーカーが新たに開発したダイエット食品を売りたい!」と試みているとしましょう。

 

ホームページではその商品についての特徴や価格などを掲載することはできても、それ以上はできません。

 

これがブログだと、その商品に関連するあらゆる情報を発信することができるんです。

 

「ダイエット食品 効果」

「ダイエット 食事制限なし」

「楽に痩せたい 方法」

 

このように「ダイエットしたいけど食べたい人」、「楽して痩せたい人」など、ダイエット食品に興味を持ちそうな人が求める情報や、検索しそうなキーワードを狙って記事を書きます。

 

すると、たまたま検索した人にブログ記事を通じて、その商品や会社の存在を知ってもらうことができます。

 

ブログ記事数が多ければ多いほど、検索ヒットがかかりやすくなります。

会社の存在を知ってもらうための窓口が、どんどん広がるイメージができますよね。

 

しかも、ブログにはSNSへのシェアもできる機能をつけることができます。

 

その記事を見た人が「役に立った!」、「この情報は他の人にも知ってほしい」と感じ、TwitterやFacebookなどにシェアしてくれれば、さらに窓口は広がります。

 

②その会社の雰囲気や商品をより身近に知ってもらえる

企業でブログ運営をするメリットの1つとして、ホームページだけでは伝わらない会社の雰囲気を知ってもらうことができます。

 

先ほど例にあげた食品メーカーを、引き続き例としてみましょう。

例えば、新しく開発されたダイエット食品を社員が実際に食べてみて、その結果をブログで発信するとします。

 

ダイエット食品を2週間食べ続けた社員たちの驚きの結果!

●社員数名が実際にそのダイエット食品を2週間食べてみる

●商品の味や、食べるタイミング

●食べ始めてからの途中経過報告

●最終結果⇒ダイエット食品の効果

こういった内容の記事を書いたとします。

 

「本当にこのダイエット食品は効果があるのか?」、「ちゃんと続けられそうなものだろうか?」など、これって消費者が最も求めている情報ですよね。

 

それを実際に試した人が発信することで、商品への信憑性が高くなります。

と同時に、「自分もこれを試してみようかな!」という購買意欲を引き出すことができます。

 

それに加えて、社員の人柄や会社の雰囲気なども伝わりやすいので、会社自体への信頼感も獲得しやすくなります。

 

③濃いファン(リピーター)の獲得につながる

ブログを通じて、様々な最新情報や役に立つ情報を発信します。

すると興味を持ってくれた人に「他の記事も読んでみたい」と再来訪してもらいやすくなります。

 

また、②で挙げたような記事で実際にその商品に興味を持ってくれた人が、他の商品にも興味を持ってくれる可能性も大きいです。

 

中小企業の場合、大手企業のブランド商品やネームバリューで引けを取ってしまいますよね。それは覆すことはやはり難しいです。

 

しかしながら、大手企業にはない中小企業の強みは必ずあります。

特に、地域の人たちとの密着性は高いです。ここで大事なのが、「人と会社とのつながり」です。

 

その会社はどんな人が働いていて、どんな想いで商品を作っているのか。

商品の良さだけでなく、その作り手たちの熱い想いやあたたかみなど、深く関わらなければわからない部分を、ブログを通じて伝えることができます。

 

その結果、お客様との深いつながりを築き、濃いファンやリピーターの獲得につながります。

しかもそれは、WEB上で行えるので地域だけでなく全国発信することができます。

 

ブログ運営における注意点

ここまで、ブログ運営のメリットを詳しくご紹介してきました。

しかし、ブログはどんな記事でも書けばいいというものではありません。

では最後に、企業がブログ運営をする際に注意すべき点をいくつかご説明します。

  • 日記風にならないこと
  • 他社の批判をしないこと
  • ブログには即効性はないので成果を実感するまでの期間がかかる
  • 「続ける」ことが大切

 

日記風にならないこと

「昨日は同僚の○○と飲みに行きました!2次会はカラオケで、彼は十八番の〇〇を大熱唱!」

 

というような記事。

会社の人や、深く関わっているお客様ならその内容でもおもしろいかもしれません。

しかし、まったく知らない人が読んだらどうでしょう?

 

もちろん、会社や社員の雰囲気を伝えることは必要ですが、あまりに個人的な内容だと、その人自身を知らない人からするとはっきり言って必要のない情報ですよね。

 

なので、日記風な記事ばかりを書くことは避けたほうがいいです。

企業ブログはあくまで、「人(お客様)の役に立つ情報発信をするもの」だということを念頭において記事を書くのがいいでしょう。

 

他社の批判をしないこと

たまに、「〇〇社の商品よりもわが社の商品の方が効果がある」など、他社の批判になるようなことが書かれているブログ記事を見かけることがあります。

 

しかしこれは、他社に対しても失礼ですし、読んでいる側からもあまりいい気分にはなりません。

人間関係においてもそうですが、人の悪口を言っている人に対して、「この人いいなぁ」って思ったりしますか?

それと同じことが、企業ブログでも言えます。

 

ブログには即効性はないので成果を実感するまでの期間がかかる

ブログ運営で最も気になることは、その成果です。

ブログは記事を書いて公開しても、その後いきなりアクセスアップすることはありません。

公開してから数ヵ月後に、だんだんアクセスが増えてきます。

 

なのでそれまでは成果は実感しにくいです。

「書いていても意味があるのか」という不安にも襲われるかもしれませんが、コツコツ記事を書き続けましょう。

 

記事数が増えれば増えるほど、そのサイトの信頼性が増し、検索エンジンでも上位表示されやすくなります。

ただし、あくまで質のいい記事(日記風ではない)を心がけるよう注意しましょう。

 

「続ける」ことが大切

ブログは即効性がなく、成果が出るまでの期間が数ヵ月かかります。

その間に「書いていても意味がない」と途中でブログ更新を辞めてしまう場合が多いです。

しかし、ブログ運営で大切なのは「コツコツ続けること」です。

 

記事の更新は毎日すればするほどもちろんいいですが、毎日はなかなか難しいと思います。

週2,3回ペースでもいいので、ずっと更新し続けることが重要です。

 

まとめ

ホームページへのアクセスアップや集客をするために、ブログ運営はかなり効果的な手段のひとつです。

ブログ記事1つ1つで、ホームページの宣伝ができると考えてみてください。

 

ただホームページを構えているだけでは、中小企業や知名度のないお店にはアクセスは集まりません。

自ら発信して、知ってもらうことが必要です。

 

多大な広告費や営業まわりなどをせずとも、ブログというツールを使えば、全国あるいは全世界に発信することができます。

 

ブログを利用して、更なる集客や売上アップにつなげてみましょう!

ABOUT ME
Natsuki
Natsuki
WEBマーケティングユニットmusubuのライター担当。 「WEBを通じて本当に良い情報・正しい情報を届ける」がモットー。 相手にとってわかりやすい表現を作り出すのが得意。 美容と音楽とアニメの話になるとやたらよく喋ります。