ホームページ制作

企業ホームページのSSL化の必要性|「保護されていない通信」はNG!

SSL化・・・HTTPS化・・・

なにそれやらなきゃいけないの??必要なの?と思っているそこのあなた。もはやインターネット上でSSL化は当たり前となりました。

SSL化の処理をしていないとすでにサイトの表示は「保護されていない通信」と表示されているはずです。

これは企業としての信頼を失っている状態と同じこと。すぐにでも常時SSL化の対応を行いましょう!

この記事では企業ホームページがしっかりと常時SSL化をすることの必要性やそのメリットをお伝えしていきます。SSL化の設定方法については契約している「サーバー」ごとに異なるので確認をしましょう。

常時SSL化ってそもそもなに?

そもそもSSL化とはなにか?を一言で言うと

Webページ通信の暗号化

です。

SSLはSecure Sockets Layerの略でインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことを指します。

URLが「http〜」始まるサイトはこのSSL化がされていないWebページとなります。一方でURLが「https〜」始まるものはSSL化された状態を示します。

実際にいまあなたが見ているこのサイトも

「https://musubu-official.jp」

となっていてSSL化されていることがわかるかと思います。

これまではSSL化が個別ページにて設定されていました。クレジットカードなどの個人情報を入力するページのみセキュリティがかかった状態ということです。

ですが現在ではサイト全体でセキュリティを強固にするために”常時”SSL化が当たり前になりました。

では、このSSL化をしている状態としていない状態でなにが違うのか?について詳しくお伝えします。

保護されている通信と保護されていない通信の表示の違い

では、実際に表示にどのような違いがあるのか?をわかりやすく画像とともにチェックしておきましょう。

SSL化されている場合

SSL化されていない場合

このようにブラウザのアドレスバーの部分(サイトURLが表示されている箇所)に

保護されている場合は鍵マーク

保護されていない場合はフォーテーションマーク

が表示されており、マーク部分をクリックすると上記のように詳細な説明が表示されます。どのサイトもここを見るだけでSSL化されているか否かをすぐに判断する事ができます。

httpとhttpsの違い

SSL化をしていないhttpとSSL化をしているhttpsでどのような違いがあるのか?をわかりやすく解説していきましょう〜!

SSL化することで以下のようなメリットがあります。

  1. Webデータの盗聴・改ざんリスク回避
  2. サイト表示スピードの向上
  3. SEO対策の強化
  4. GoogleAnalytics分析精度の向上

盗聴・改ざんのリスク回避

httpの状態は全く知らない第三者にブラウザーとサーバーの間で盗聴されてしまったりデータなどの改ざんがされてしまう恐れがあります。

個人情報などの情報が漏れてしまうリスクもあれば企業のホームページの情報が勝手に書き換えられてユーザーに対して間違った情報を伝えてしまっている可能性もあるということです。

これでは企業ホームページに訪れたユーザーを「リスクあるWebページに呼び込んでいる」状態になってしまいます。

SSL化を行うことでサイト訪問して頂いたユーザーさんに安全快適にWebページを見てもらえる環境を作り出せます。

すべてのページをSSL化することで訪問ユーザーに安全なWebページの提供ができる

サイト表示スピードの向上

実はhttpのサイト環境とhttpsのサイト環境ではサイト表示のスピードに差があります。

みたいと思って開いたサイトの表示が遅かったらイライラしてしまいますよね。Webは今やスピード重視の傾向が日々強まっています。そのためGoogleの検索結果のアルゴリズムにもサイトスピードは関係していると言われています。

httpsにてSSL化とともにサイトスピードの向上も図りましょう。

SSL化でサイト表示スピードをアップしてGoogleからも良い評価を得られる

SEO対策の強化

上記で解説したようにサイトスピードが上がることによってGoogleのアルゴリズムにて良い評価を受けることができます。

更に、SSL化を実施することによりユーザーに対して安全な環境を提供することによりGoogleからの評価が上がります。

これらの理由によりSEO対策につながるのです。SEO対策につながると企業ホームページにて狙ってキーワードのページが上位表示されやすくなりアクセスを呼び込むことができます。

SEO対策が強化されホームページの集客強化につながる

GoogleAnalytics分析精度の向上

ホームページは作成しただけで終わりではありません。ビジネスにつながるユーザーの訪問につながっているのか?企業のブランディングにつながっているのか?などの”分析”も重要となってきます。

その分析に使うツールとして活躍するのがGoogleAnalyticsです。サイトの状況の様々な数値やデータを分析することができるツールですが、httpのSSL化していない状態のサイトの場合は「リファラ」と呼ばれる遷移元リンクの詳細を知る事ができません。

どのWebページから遷移してきたのか?というリファラをしっかりと分析できるようにSSL化は重要な役割を果たすのです。

分析するための数値やデータをより多く受け取り、集客につなげる事ができる

 

以上の4つの観点からSSL化をすることによって大きなメリットがあることが理解できます。また、逆にSSL化をしないことが大きなリスクにつながってしまうこともわかりますね。

企業ホームページでもSSL化は必要なのか?

ズバリ、その答えは

\ YES /

です。今やFREEWi-Fiも増えてきて誰しもが気軽に同じネットサーバーにもぐりこむことができるようになってしまいました。

このときにSSL化でセキュリティ対策がしっかりとされていないページを開いているとそのページでのユーザーの情報が根こそぎ漏れてしまう恐れがあります。

ですのでこれまでは「クレジットカード」「個人情報」などを入力するページにのみSSL化をすることを義務付けられていました。ですが現在では更に強固なセキュリティ対策をするためにすべてのページにて常に対策をする「常時SSL化」が求められています。

httpとhttpsの4つの違いをお伝えしてきましたが、この違いを見れば企業ホームページでも必ず常時SSL化をすべきだということがおわかりいただけたかと思います。

 

企業ホームページの役割は主に「ブランディング」と「ビジネスにつなげるための集客」です。どちらにしても「ユーザー目線」にて作成されたホームページに人は魅力を感じますし高い評価をします。以上の理由からSSL化は必ずすべきです!

SSL化の認証レベルの違いについて

SSL化の設定についてですがサーバーによってその方法は大きく異なります。SSL化の設定料金についても無料のサーバーもあれば有料のサーバーもあります。

ここで全サーバーの方法を記載することはできないのでまずは貴社ホームページのサーバーに確認をしてみましょう。

SSL化についても企業レベルとなると3つの種類に分かれます。

  • ドメイン認証【DV】:Domain Validation
  • 企業認証【OV】:Organization Validation
  • EV:Extended Validation

SSL化するドメインの認証段階がそれぞれ大きく異なります。

ちなみに認証の内容やレベルによって3つに分けられていますがどの認証でもSSLの暗号化のセキュリティ自体の強さに違いはありません。信頼度としてどのレベルの認証が欲しいのか?という差のみになります。

ドメイン認証【DV】:Domain Validation

通常のドメイン認証になります。この方法でのSSL化は誰でもカンタンに行えることができるため、基本的には無料でSSL化できるサーバーがほとんどです。(もちろんサーバーによっては有料の場合もあります。)

こちらは「Whois情報」というドメインの登録者情報を確認することで「SSL化」の認証を行う手順となります。

企業認証【OV】:Organization Validation

こちらはその名の通り、企業や団体だけが行うことができるドメイン認証方法となります。

こちらのSSL化に関しては「登記事項証明書」が必要となります。企業としての信頼度を確実に得る為にはこちらの企業認証を行う方が良いでしょう。

こちらの企業認証の場合は認証局にてきちんとした手順でドメイン認証の審査が行われるため、少し時間がかかります。

EV:Extended Validation

こちらは最高レベルのSSL化の認証レベルとなります。

EVはより厳しい審査にてSSL化の証明書を発行するため、手順も少し厄介です。また、年間の費用としても数十万かかることがほとんどです。

それでも信用度としては最高レベルなので大企業ではEVにてSSL化をしているところもあります。

この認証の場合は「登記事項証明書」や「Whois情報」はもちろんのこと、「署名権限者確認者」という代表の担当を立てる必要があります。

3つの認証レベルの違いについてお伝えしてきました。

ですが誰もが知る大企業を調べてみても基本的にはほとんどの企業ホームページがDVもしくはOVです。EVのような政府レベルでの認証を得るにはかなり大変な手続きが必要となるのでまずはDVもしくはOVでのSSL化をしておきましょう。

 

現在ではセキュリティ上のWebページの問題点はサーバーの無料SSL化で十分強固なものとなりユーザーへの安全性は変わりません。そのため、常時SSL化の導入は必ず行うとしてどの認証方法で行うべきか?を改めて考えましょう。

まとめ

企業としての信頼性が欠けてしまう恐れすらある「保護されていない通信」は絶対にNGな状態です。すぐにでも常時SSL化をして「保護された通信」でユーザーのみなさんに安全なホームページの提供をするようにしましょう。

SSL化はもはやインターネット上の常識にすらなることでしょう。早めの対策を!

ABOUT ME
あおやまそら
あおやまそら
スタバとディズニーを語らせたら止まらない、WEBマーケティングユニットmusubuのライター担当あおやまです。「”ユメ”をカタチに。」をコンセプトに活動中。"WEB集客"のプロとして様々なサポートをさせていただきます。