SNS

FacebookページとInstagramを連携する方法でSNS運用を時短しよう!

 

SNSをビジネス活用する上で、企業にのしかかるのがSNS運用の手間や時間です。

「Instagramの投稿をFacebookページでも同時にシェア出来るといいのに」
「Facebook広告もInstagram広告も一緒に出せたらいいのに」

中小企業のSNS運用というと間接業務扱いになることが多いため、主要な業務をこなしながらSNS運用をしなければなりません。

SNS運用をしていると、非常に時間がかかることが分かります。

「SNS運用をもっと効率的にできないのか?!」

実は、企業におけるSNS運用の手間や時間を短縮できる方法があります。

その方法とは、FacebookページとInstagramを連携することです。

InstagramはFacebook社の傘下にあるため、簡単に連携し、管理することができます。

本記事では、FacebookページとInstagramの連携方法と連携するメリット&デメリットなどをお伝えしていきます。

FacebookページとInstagramの連携方法と連携することで、あなたの企業にのしかかるのがSNS運用の手間を時短させましょう!

 

FacebookページとInstagramを連携する方法

FacebookページとInstagramの連携

 

はじめに、FacebookページとInstagramを連携するには、①あなたがFacebookページ管理者であること②Facebookページと同じメールアドレスで開設したInstagramビジネスアカウントであることが必要です。

FacebookページとInstagramを連携する方法は3つあります。

  • FacebookページからInstagramへ連携
  • Instagramの設定からFacebookページへ連携
  • Instagramのプロフィール編集からFacebookページへ連携

どれも簡単ですので、早速見ていきましょう。

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法

FacebookページからInstagramへ連携する方法は、公式ページに掲載されています。
Facebookページを開きます。

  1. ページ上部の[設定]を選択します。
  2. [Instagram]を選択します。
  3. 既存のInstagramアカウントをページに追加するには、[ログイン]を選択します。
  4. Instagramアカウントのユーザーネームとパスワードを入力し、[ログイン]を選択します。

 

それでは、画像にて説明します。

FacebookページからInstagramへ連携する方法1

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法2

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法3

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法5

 

 

 

Instagramアカウントのユーザーネームとパスワードを入れる画面の前に、下図のように既存のInstagramアカウントが表示される場合もあります。

連携したいInstagramアカウントであれば、そのまま連携し、別のアカウントを連携したい場合は[アカウントを切り替える]で上図の画面になります。

FacebookページからInstagramへ連携する方法4

 

Instagram設定からFacebookページへ連携する方法

Instagram設定からFacebookページへ連携する方法は公式ページに掲載されています。

  1. プロフィールに移動し、ハンバーガーメニューをタップします。
  2. [設定]をタップします。
  3. [アカウント] > [リンク済みのアカウント]の順にタップし、[Facebook]を選択します。
  4. Facebookログイン情報が入力されていない場合は、ログイン情報を入力します。
  5. デフォルトでは、Instagramアカウントは個人用のFacebookプロフィールにリンクされます。代わりにページにリンクするには、[シェア:]をタップして自分が管理するページを選択します。

 

それでは、画像にて説明します。

FacebookページからInstagramへ連携する方法6

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法7

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法8

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法9

 

 

 

 

Instagramプロフィール編集からFacebookページへ連携する方法

Instagramプロフィール編集からFacebookページへ連携することもできます。

  1. [プロフィールを編集] をタップします。
  2. [ページ]をタップします。
  3. [Facebookページを作成]されている場合は[後で] をタップします。
  4. [続ける]をタップしFacebookログイン情報が入力されていない場合は、ログイン情報を入力します。

 

それでは、画像にて説明します。

FacebookページからInstagramへ連携する方法10

 

FacebookページからInstagramへ連携する方法11

 

 

FacebookページとInstagramの両方に投稿するには?

FacebookページとInstagramを連携しても新規投稿は勝手にシェアしません。

FacebookページとInstagramを連携した後、Instagramの投稿をFacebookページに載せたい場合は、投稿時にFacebookとのシェアをONにします。

シェアの方法は下記のような手順を踏んで行います。

  1. Instagramで新規投稿する画面にします。
  2. 写真を選択し、タグやキャプションをつける画面に移動します。
  3. 下の方にあるSNSのアイコン一覧からFacebookを選択します。
  4. シェアボタンを押して、Instagramに写真を投稿します。

 

これだけで、同時投稿完了です。

Instagramの投稿をFacebookページへ同時投稿する場合は、新規投稿する際に、FacebookとのシェアをONして投稿するだけなので非常に簡単です。

 

FacebookページとInstagramを連携するメリット

メリット

 

FacebookページとInstagramを連携するメリットを4つ紹介します。

メリット

  • Facebook内での拡散が期待できる
  • 一度に両方のSNSに投稿できる
  • FacebookページからFacebook広告とInstagram広告を出すことができる
  • FacebookページからInstagramでアクションした人に広告を出すことができる

それでは、1つ1つ簡単に説明します。

Facebook内での拡散が期待できる

Facebook はいいねとアクションしてくれた方の友達にまで投稿拡散することができますまる改行 Instagram はそういった機能はありませんが、#(ハッシュタグ)で検索して来られる方が多い為、# (ハッシュタグ)の付け方を考えていく必要があります。

 

一度に両方のSNSに投稿できる

同じ投稿を2回しなくて良いので、 SNS運用の手間や時間の短縮になります。

 

FacebookページからFacebook広告とInstagram広告を出すことができる

Facebook ページから Facebook 広告とインスタ広告を出すことができ管理もできるため、SNS運用の手間や時間の短縮になります。

 

FacebookページからInstagramでアクションした人に広告を出すことができる

Facebook ページから広告を出す場合、通常、地域・性別・年齢・趣味などターゲットを絞って広告を出すことができますが、 Facebook ページや Instagram にアクションした人に向けても広告を出すことができます。

 

FacebookページとInstagramを連携するデメリット

FacebookページとInstagramの連携のデメリット

 

FacebookページとInstagramを連携するデメリットを3つ紹介します。

デメリット

  • 間違えて投稿したときに多くの人に見られてしまう
  • FacebookページとInstagramで目的や戦略が違う場合は連携しにくい
  • 1つのFacebookページに連携できるのは1つのInstagramだけである

それでは、1つ1つ簡単に説明します。

 

間違えて投稿したときに多くの人に見られてしまう

メリットでもある拡散力は、間違えて投稿した場合は逆にデメリットとなります。

 

FacebookページとInstagramで目的や戦略が違う場合は連携しにくい

例えば Facebook ページのテーマが「育児」でInstagram のテーマが「キャラ弁」の場合、ターゲット層は主婦と同じでも目的や戦略が違うため連携はしにくいです。

 

1つのFacebookページに連携できるのは1つのInstagramだけである

一つの Facebook ページに連携できるのは一つのインスタアカウントだけです。他のインスタアカウントと連携させたい場合は切り替えが必要になります。

 

まとめ

FacebookページとInstagramの連携のまとめ

FacebookページとInstagramを連携する方法は3つあります。

FacebookページとInstagramを連携する方法

  • FacebookページからInstagramへ連携
  • Instagramの設定からFacebookページへ連携
  • Instagramのプロフィール編集からFacebookページへ連携

実際に投稿する方法は、FacebookページとInstagramを連携した後、Instagramの投稿をFacebookページに載せたい場合は、投稿時にFacebookとのシェアをONにします。

FacebookページとInstagramを連携するメリットとデメリットとは次のとおりです。

メリット

  • Facebook内での拡散が期待できる
  • 一度に両方のSNSに投稿できる
  • FacebookページからFacebook広告とInstagram広告を出すことができる
  • FacebookページからInstagramでアクションした人に広告を出すことができる

デメリット

  • 間違えて投稿したときに多くの人に見られてしまう
  • FacebookページとInstagramで目的や戦略が違う場合は連携しにくい
  • 1つのFacebookページに連携できるのは1つのInstagramだけである

SNSをビジネス活用する上で、企業にのしかかるのがSNS運用の手間や時間です。
FacebookページとInstagramを連携することで、企業におけるSNS運用の手間や時間を短縮して、効率的にSNS運用をしていきましょう。

ABOUT ME
hichi(ひち)
hichi(ひち)
WEBマーケティングユニットmusubuのライター担当hichi(ひち)と申します。 家族の笑顔を守るため、目標に向かってマイペースに走ってます。「新しいことをやり始めるのに遅すぎることはない」をモットーにWEBマーケティング勉強中!