ホームページ活用

企業ホームページのアクセス数は平均何PV?同業種の数字を知る方法

ホームページから集客したい。問い合わせがほしい。

そう考えている企業のWEB担当者さまは、「アクセス数の平均値」が気になりますよね?

 

「うちの業界は、ホームページのアクセス数がどのくらいあるのが普通なんだろう?」
「どのくらいアクセスがあれば、問い合わせや成約につながるのだろう?」

平均値を知って企業のホームページ運用に活かしたい気持ち、すごくよく分かります!!

 

そこでこの記事では、無料ツールを使ってアクセス数の平均値を割り出す方法をお伝えします。

そして同時に、ホームページのアクセス数を上げる3つの方法も解説していきます。

 

どうぞ、日々のWEB運用の参考にしてください!

 

無料ツールを使って同業種の平均アクセス数を知る方法

ホームページ運用の参考値として、同じ業種のWEBサイト(ホームページやブログ)の平均アクセス数を確認していきましょう。

 

この時使えるのが、Googleが提供している無料のアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」です。

Googleアナリティクス

>>Googleアナリティクスにログイン

 

ここからは、貴社のホームページにGoogleアナリティクスが導入されているとして解説をしていきます。

もしもこれから導入するのであれば、↓↓の記事を参考にしてください。

>>GoogleアナリティクスにWordPressのサイトを登録する方法

※ホームページ運営を外注している場合は、Googleアナリティクスが設置されているか外注先に確認の上、この先の解説を読み進めていってください。

 

 

さて、同業種のホームページの平均アクセス数を知る手がかりは、Googleアナリティクスの「ベンチマーク」機能にあります。

※「ユーザー」アイコンをクリックすると、プルダウンで「ベンチマーク」があらわれます。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

Googleアナリティクスのベンチマーク機能を使うには、あらかじめ「アカウント設定」と「プロパティ設定」にて設定が必要です。

Googleアナリティクス設定

 

アカウント設定内では、ビジネスの拠点国を正しく選択。

Googleアナリティクス アカウント設定

 

下にスクロールして、「ベンチマーク」にチェックを。そして保存ボタンを押しましょう。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

プロパティ設定内では、業種を正しく選択して保存します。

Googleアナリティクス プロパティ設定

 

これで、ベンチマーク機能が使えるようになります。

 

ベンチマーク内の「チャネル」をクリックすると、下のような表示に切り替わります。

この画面では、自社ホームページと同業種のWEBサイト(ホームページやブログ)の、アクセス数を含めたパフォーマンスを見比べることができます。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

同業種の平均アクセス数を知るために、まずは、貴社と同じ業種を選択します。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

次に、国/地域を選択します。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

ここからがポイントです。一番右の「サイズ(1日のセッション数)」に注目しましょう。

※セッション数=訪問回数のことです。アクセス数と同義ととらえて問題ありません。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

サイズ(1日のセッション数)は、選択することができます。

ここで例えば、【「0~99セッション/日」の同業種サイトとパフォーマンスを比べる】という意味で「0~99」のサイズを選んでみます。

すると数字の横に、「このベンチマークは●●件のウェブプロパティを参考にしています」というメッセージが出ます。

Googleアナリティクス ベンチマーク

 

「●●件のウェブプロパティ」の●●に入っている数字は、Googleアナリティクスに登録している同業種のWEBサイト(ホームページやブログ)で、1日のセッション数が選択したサイズに当てはまるものの数を表わしています。

 

つまり、「●●件のウェブプロパティ」の●●に入っている数字が大きいほど、そのサイズ(1日のセッション数)に分布している同業種のWEBサイトが多いという意味になります。

 

各サイズ(1日のセッション数)に対し、当てはまる件数を見ていきます。

ベンチマーク数 ベンチマーク数2 ベンチマーク3 ベンチマーク4 ベンチマーク5 ベンチマーク6 ベンチマーク7

今回調べたケースでは、

  • 0~99セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒426件
  • 100~499セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒491件
  • 500~999セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒348件
  • 1000~4999セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒439件
  • 5000~9999セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒77件
  • 10000~99999セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒159件
  • 100000+セッション/日に分布していた同業種WEBサイト⇒20件

という結果となりました。

 

このことから、同業種のWEBサイト(ホームページやブログ)は、1日当たり100~499アクセス。月間だと3000~14970アクセスになることが多いと分かります。

こうして導き出された数字が、平均アクセス数の目安となります。

 

競合ホームページの詳しいアクセス数を調べたい場合は、以下のようなオンライン上のツールを利用するのもひとつの手です。(無料トライアル版と有料版があります)

>>SimilarWeb
>>eMark+

 

さて、同じように調べてみた結果、貴社のホームページのアクセス数は平均値に届いていましたか?

 

企業のWEB担当Aさん
企業のWEB担当Aさん
やった!平均アクセス数に届いているぞ!

企業のWEB担当Bさん
企業のWEB担当Bさん
まさか・・・、全然平均まで達していない・・・!

 

おそらくどちらかと同じ意見になると思いますが、ここで1つ重要なことをお伝えします。

それは、

ホームページの平均アクセス数よりも、もっと重要視した方がいい”目標値”がある

ということです。

 

平均アクセス数より、もっと大事な「●●数」とは?

的中

ホームページ経由で問い合わせや申し込みが来ることを望んでいるなら、一番注目すべき目標値は「コンバージョン(CV)数」です。

コンバージョン(CV)とは、ホームページを訪れた見込み客が、企業の意図する行動を実際に起こすことを言います。

例)専用フォームから問い合わせや申し込みをするなど

 

コンバージョン数こそが、集客や売上げにつながる最も大切な目標値です。

そのために、アクセス数はどのくらい必要か?と逆算していくのが、ホームページのアクセス目標を適正に決める最も理にかなった方法です。

 

企業ホームページのアクセス数に対するコンバージョンの割合は、平均で1%前後です。(この割合を「コンバージョン率」と言います。)

100人訪問したら、そのうち1人が問い合わせや申し込みをするイメージです。

ということは例えば、ひと月に10件のコンバージョンを目標にするのなら、月間で1000アクセスが最低でも必要になります。

 

同業WEBサイトの平均アクセス数を参考にするのもひとつの手ですが、より具体的成果に紐付く目標値を出したい場合は、

目標アクセス数=目標コンバージョン数×100

と計算して、数字を決めていきましょう。

 

申し込みフォームが見つけにくいなど、ホームページの内容や構成に問題があった場合は、せっかく訪問してきた見込み客がスムーズにコンバージョンできません。

そのためコンバージョン率が下がり、アクセス数が多くても目に見えた結果は少なくなります。

最初はアクセスを集めることに力をいれていきますが、目標アクセス数まで到達したなら、その後はコンバージョンに至っているかどうかを検証していきましょう。

 

企業のホームページのアクセス数を増やす3つの方法

アクセス解析

ホームページのアクセス目標が決まったなら、次は「どのようにしてアクセスを集めるか?」を考えていきます。

 

ここでまずお伝えしておきたいのは、公開後、放置しているホームページにアクセスが増えることはないという認識です。

 

その企業が超ヒット商品を出したり、事件などで有名になったりして、社名でバンバン検索されるようなことがない限り、公開後放置状態のホームページにアクセスが増え続けることはありません。

なので定期的にテコ入れをおこない、「ホームページが見られるきっかけづくり」を、企業自らがおこなっていく必要があるのです。

 

ホームページにアクセスを集める方法には、次のようなものがあります。

  1. ブログを定期的に更新し、見込み客の「間接検索」でヒットするようにする
  2. SNSで見込み客との交流をしながら、時折ホームページの紹介をする
  3. PRしたい商品やサービスの特設ページを作って、有料広告で露出する

 

それぞれ詳しくご説明しますね。

 

①ブログを定期的に更新し、見込み客の「間接検索」でヒットするようにする

検索

見込み客が貴社の社名を知らなくても、ホームページにたどり着く方法があります。

それは、ブログを経由させることです。

 

例えば、あなたがWEBマーケティングについて情報を得たい人だとしましょう。(想像してみてください)

その時取る行動のひとつとして、「WEBマーケティング 方法」などと打ち込んでネット検索をすると思います。

 

出てきた検索結果の中で気になるページをクリックしたら、どうやらWEBマーケティング会社のブログのようです。

読んでみると、その内容はあなたがまさに欲しかった情報で、とても役立ちました。

 

さて、そのWEBマーケティング会社のブログには、企業のWEB活用を支援するサービスがあるとの記述があり、サービス内容につながるリンクが貼ってあります。

ちょっと興味のあるあなたは、リンクをクリックして覗いてみることに。

 

すると表示されたのは、WEBマーケティング会社のホームページ(サービス説明のページ)でした。

 

 

ここまでの流れですでにお分かりの通り、見込み客の「お悩み検索(間接検索)」でブログがヒットすれば、そのブログを経由してホームページにアクセスを集めることができます。

ブログは、貴社の社名を知らない見込み客をホームページにつなぐ、架け橋のような役割を担うのです。

 

ブログは定期的に更新して数を増やすほど、ホームページにつながる架け橋も増やすことができます。

比例するように、ホームページのアクセス数も上がっていきます。

 

このように、ホームページのアクセス数を着実に積み上げるには、見込み客の「お悩み検索(間接検索)」でヒットするブログと連携させるのがおすすめです。

 

企業ホームページのアクセスアップにブログが効果的な仕組みと3つのメリット企業のホームページをもっているけれど、アクセスアップや集客になかなかつながらない、と頭を抱えている方。ブログ運営をしてみませんか?ブログは高い広告費も不要で、誰でも手軽に始めることができます。ブログがもたらすメリットとその仕組みや注意点を解説します。...

 

②SNSで見込み客との交流をしながら、時折ホームページの紹介をする

SNS

ホームページのアクセス数を上げるもう一つの方法として、SNSの活用が挙げられます。

Facebook・Twitter・Instagram・YouTube

多くの人が利用するSNSでは、どれも企業アカウントが開設できる仕様になっており、ホームページのURLも載せることができます。

 

まずは、見込み客の多くが利用しているSNSに絞って企業アカウントを開設し、エンタメ性のある投稿をするところから始めてみましょう。

 

エンタメ性のある投稿とは、

  • 見込み客にとって役立つ投稿(ノウハウや豆知識など)
  • 企業の中の人のキャラが分かり、親しみが湧く投稿
  • アンケートや質問など、双方向のコミュニケーションが生まれる投稿

などです。

 

「見込み客との交流を楽しむ」という意識で投稿を続けていくと、次第に企業アカウントのフォロワーが増えていきます。

そうしてある程度のフォロワー(貴社のファン)が集まった段階でホームページの宣伝をすれば、そこからアクセスが見込めます。

 

SNSを活用してホームページのアクセス数を上げるには「宣伝よりもコミュニケーションを優先する」のがコツです。

 

毎投稿ごとにホームページを宣伝してコンバージョンにつなげたい気がしますが、そもそもSNSを使っている人は「コミュニケーションを楽しむ」のが目的です。

SNSユーザーの気持ちを無視して宣伝ばかりしていては、ファンが付くどころか離れていってしまいます。

 

貴社に親しみを持ってからホームページを訪問した人のほうが、「コンバージョンに近づく良質なアクセス」となります。

このことを念頭に置いて、SNS⇒ホームページの流れを作ってみましょう。

 

③PRしたい商品やサービスの特設ページを作って、有料広告で露出する

広告

最も仕組みがわかりやすいのが、有料広告を使ってホームページを露出し、アクセス数を上げることです。

 

  • フリーペーパーや新聞広告などの広告枠を買って、ホームページのURLを掲載する
  • 広告サイトのひと枠を買って、ホームページのURLを掲載する
  • FacebookやGoogleが運営しているWEB広告を使って、ホームページのURLを露出する

広告費はかかりますが、その分多くの人の目に触れる場所でホームページの存在を知らせることができ、即効性はあります。

 

ただし、単にホームページのトップページを露出したとしても、コンバージョンにはつながりにくいでしょう。

PRしたい一押しの商品・サービスがあるのなら、問い合わせや申し込みがスムーズにできる仕様の特設ページを新たに設け、そのページを有料広告で広める方がコンバージョンが期待できます。

 

有料広告を使ってホームページのアクセス数を上げる場合は、「最短でコンバージョンにつながる導線」を考えて出稿するページを選びましょう。

 

地味に重要!社員のアクセスを除外して計測しよう!

社員

これから本格的にホームページのアクセス数を上げよう!と意気込んでいる企業のWEB担当の方に、最初にやっていただきたいことがあります。

それは「内部の人のアクセス数を除外すること」です。

 

自社のホームページの出来映えは、誰よりも社内の人間が気になります。なので、何度もアクセスして確認することがよくあります。

当然、内部の人のアクセスを除外していなければ、その人たちのアクセス数もカウントされます。

たくさんアクセスが集まった!!と喜んでも、フタを開けてみればほとんど社員のアクセスだった・・・という結果は珍しくありません。

 

正しくアクセス数をカウントすることが、コンバージョンにつなげる第一歩になります。

なので、内部の人のアクセスを除外する設定を、アクセス解析ツールで事前におこなっておきましょう。

 

参考までに、多くの企業のホームページに導入されている「Googleアナリティクス」で、内部の人のアクセスを除外する方法を解説します。

 

Googleアナリティクスで社員のアクセス数を非カウントにする方法

まずは、Googleアナリティクスの管理画面の「ビュー」の項目から「フィルタ」を選択します。

Googleアナリティクス管理画面

 

フィルタを追加します。

「新しいフィルタを作成」を選び、わかりやすいフィルタ名を付けましょう。

フィルタの種類は「定義済み」にチェックを。その下の選択項目は、左から「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」に設定します。

Googleアナリティクス フィルタ追加

 

下にスクロールすると、IPアドレスを入力する欄があります。

ここに、社員が使っているパソコンのIPアドレスを入力します。(1個のIPアドレスのみ入力できます)

最後に保存ボタンをクリックしましょう。

Googleアナリティクス IPアドレスフィルタ

 

もしもIPアドレスが分からなければ、>>こちらのサイトにアクセスすれば確認できます。

IPアドレスチェック

 

これで、1人分のIPアドレスがフィルタされました。今後、このIPアドレスからのアクセスは非カウントになります。

Googleアナリティクス フィルタ

 

同じように、社内の人たちのアクセスはフィルタをかけて除外し、正確なアクセス数を計測できるようにしておきましょう。

 

スマートフォンからのアクセスや、社外からタブレットやノートPCでのアクセスは、IPアドレスがその時々で変わるため除外できません。

自社のホームページをチェックするときは、なるべく社内のデスクトップPC(IPアドレスが変わらずフィルタできる端末)からおこなうようにしましょう。

 

まとめ

ホームページ

企業のホームページの平均アクセス数は、同業種のWEBサイト(ホームページやブログ)の傾向から導き出すことができます。

ですが、最も大切な目標値は平均アクセス数ではなく「コンバージョン数」です。

 

ひと月に、何件申し込みや問い合わせがあれば理想なのか?

ゴールから逆算して目標アクセス数を定めていく方が、フワッとしたホームページ運営にならずに済みます。

 

企業ホームページのアクセス数に対するコンバージョンの割合は、平均で1%前後ですから、目標アクセス数は逆算で出せます。

目標アクセス数=目標コンバージョン数×100

です。

 

まず目標とするアクセス数が定まったなら、次は「どう集めるか?」の戦略の部分です。

ホームページは、公開して放置したままでアクセス数は上がりません。

ブログ経由で・SNS経由で・広告経由で。ホームページに向かってどんなルートを引くのかしっかり設計しましょう。

 

問い合わせや申し込みのある「活きたホームページ」にするには、全体像を固めることが大切です。

ABOUT ME
佐々木絵美
佐々木絵美
通称”ささえみ”です。Webマーケティングユニット_musubuのコンテンツ(文章)設計担当です。WebサイトのSEO対策、キャッチコピーやランディングページなど「伝えるための文章作成」が得意。ブ〇ボンのお菓子を与えると喜びます。