ホームページ活用

企業のホームページランキングTOP5から読み解く成功の秘訣

企業のHP担当者
企業のHP担当者
ホームページを新しくするのに、デザインや内容の参考になるものはないかな?

そう考えるあなたに、企業のホームページランキング上位の事例を紹介しながら「結果の出るホームページの共通点」を解説していきます。

 

ここで言う「結果」とは、

  1. その企業に興味関心のある人がホームページを見る
    ⇒問い合わせやサービス申し込みなど、実際にアクションを起こす
  2. 同業他社とどちらを利用しようか検討中の人が、ホームページを見る
    ⇒この企業を頼ろう!と決意が固まる
  3. 今はまだ必要ないけど、そのうちサービスを利用しようと考えている人がホームページを見る
    ⇒必要な時期になったら「あの企業の印象が良かった」と思い出す
  4. 現時点で全然その企業に興味のない人が、何かのきっかけでホームページを見る
    ⇒必要な時期になったら「あの企業の印象が良かった」と思い出す

 

というように、お客様と企業の心理的距離が縮まることを言います。

 

実際に具体的数値としてあらわれるのは①のみですが、お客様が①の心理状態(その企業に興味関心があって、サービスの利用を本気で考えている)にたどり着くには、②~④のフェーズありきです。

ネットユーザーの心理状態

 

作りが素晴らしいホームページは、見る人の心理状態の変化まで計算して設計・デザインされています。

そして、これから紹介するランキングに名を連ねるホームページも、まさにその傾向があります。

 

では、具体的にどんな部分で工夫がされているのか?さっそく見ていきましょう!

 

WebユーザビリティランキングTOP5の企業ホームページを紐解く!

ここからは、「企業サイトのWebユーザビリティランキング」を使って解説していきます。

これは、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が毎年おこなっているランキングで、企業のWebサイトを次の5つの視点からスコアリングし、順位付けしたものです。

【1】アクセス性
ユーザーのアクセスしようとする意志を妨げてはならない。

サイトの目的を達成するためには、まずは多くのユーザーから快適にアクセスしてもらうことを考慮する必要がある。検索エンジン対応、ブックマークへの配慮など多様な視点から評価を行う。

 

【2】サイト全体の明快性
忙しい中アクセスしてくれたお客様に対し、瞬時にサイト内容を伝えられなければならない。

忙しい中アクセスしてくれたユーザーに対して、トップページを中心にサイトの内容について端的に伝えることが重要。最適なトップページのあり方やサイト全体の統一感などのユーザビリティに大きな影響を与える重要な項目を判定する。

 

【3】ナビゲーションの使いやすさ
サイト上での自由な移動を妨げてはならない。

サイト内の快適な移動は5つの評価軸の中でも、最もユーザビリティに影響を与える要素の一つ。グローバル・ローカルナビゲーション、テキストリンク、画像リンク、検索機能、サイトマップなどあらゆる角度からナビゲーションの適切性を判定する。

 

【4】コンテンツの適切性
読みにくかったり無意味なコンテンツで負荷をかけてはならない。

サイトにおける「読みやすさ」は、雑誌やパンフレットなどの紙媒体とは大きく異なる。斜め読みや読み飛ばしを意識した構成を常にこころがける必要がある。また、この評価軸ではFlashなどの動画の使用の適切性についても併せて診断する。

 

【5】ヘルプ・安全性
ユーザーのかかえる疑問や問題を適切に解決でき、安心して利用できなければならない。

ユーザーのかかえる疑問や問題を適切に解決でき、安心して利用できる環境を提供することが重要。ヘルプやFAQなどのサポートコンテンツや情報送信時の暗号化、プライバシーポリシーなどの多様な角度から判定する。

※「評価方法について」のページより引用

 

これら評価において、ランキングTOP5の企業のホームページ(2018年度)をご紹介します。

 

5位 中外製薬

中外製薬 スコア5

>>https://www.chugai-pharm.co.jp/

ホームページにアクセスしてまず最初に目に入ってくるのが、洗練されたデザインの画像です。

「製薬」という分野の知的なイメージは残しつつも、「お堅い・小難しい」といったマイナスイメージを拭い去るようなオシャレな画像で、見る人に強い印象を与えています。

 

一般の方向け・医療関係者向け・株主向け・リクルート情報など掲載内容は多岐にわたりますが、それぞれすぐに目的のページにたどり着ける導線になっており、どんな訪問者もノンストレスでホームページを閲覧できます。

 

中外製薬HP

 

情報更新の頻度も高く、コンテンツも純粋に「読み物として面白いもの」が掲載されており、製薬の分野に詳しくない人でも興味が持てるよう工夫がされています。

 

POINT!

●訪問者の欲しい情報にすぐアクセスできる導線設計
●「製薬」という難しい分野に対し、ポジティブな印象を持ってもらえるような爽やかなデザイン
●病気や薬に関する知識をわかりやすく解説したコンテンツを多数掲載。SNSなどで拡散され、自然と情報が広まることを視野に入れている

 

4位 au

au スコア4

>>https://www.au.com/

auユーザー向け会員サイトの側面が強いこのホームページは、スマホで閲覧すると使いやすさが実感できます。

 

アクセスすると、まず右上に目立つ「ログイン」ボタン。

この「ログイン」は下にスクロールしても付いてくる仕様になっており、ユーザーがログインしたいタイミングですぐに行動に移せるようになっています。

また、先頭のほうに「新料金プラン」など、auユーザー以外の人でも気になるコンテンツをさりげなく配置し、興味付けをおこなっているのもポイントです。

 

au

 

 

訪問者が望む行動を予想して、直感的に分かるアイコンと共にコンテンツへ誘導。余計なアタマを使うことなく、適切なページを表示できます。

 

au

 

短く・分かりやすく・迷わせない。そんな三拍子が揃っているホームページです。

 

POINT!

●訪問者(会員ユーザー)の使い勝手を特に意識した設計
●スマホから訪問されることを前提にしたデザイン・設計
●直感的に行動できるデザイン・導線

 

3位 大同生命

大同生命 スコア3

>>https://www.daido-life.co.jp/

契約者の方向け・保険加入を検討している方向け・代理店や税理士の方向けなど、多岐にわたる情報をトップページ上部のメニューで分岐させています。

ホームページに訪れて最初に自分に合った属性を選べば、必要な情報のみにアクセスできる仕様です。

 

また、「よくあるご質問・お問い合わせ」のリンクの位置も絶妙です。

世の中のほとんどの人は、保険や保険にまつわる法律に関して詳しくありません。なので、ホームページに訪れる人は「何かしらの疑問」を持っていることが想定されます。

その疑問に対して、すぐに解決するという姿勢が伺えます。

大同生命

 

POINT!

●訪問者の欲しい情報にすぐアクセスできる導線設計
●訪問者が抱える疑問の解決を最優先にしたリンクの配置
●外部の関連サイト(学習情報サイト・公的サイト)がまとめられており、ここに来れば業界全体の情報へ行き来ができるようになっている

 

2位 UQコミュニケーションズ

UQコミュニケーションズ スコア2

>>https://www.uqwimax.jp/

テレビCMで使われているカラーやテイストを引き継いだデザインとなっており、アクセスした瞬間に「見たことある」という親近感(※)を持つことができます。

※認知心理学でいう「認知容易性(見慣れているモノは好きになる)」が応用されています。

 

新しいサービスに敏感で、日頃の情報検索をモバイル端末でサクサクこなすユーザーに焦点が置かれているため、このホームページも「スマホからの操作性」が良いです。

気になるコンテンツにすぐにリンクできます。各ボタンの大きさは、スマホの指操作にぴったり。↓↓

UQ

 

4位のauのホームページに比べ、新規のお客様(利用を検討中の人)向け情報の比重が大きいイメージです。

無料お試しへの申し込みが訴求されていたり、料金シミュレーションができたりと、サービスへの興味付けへもしっかり導線が張られています。

 

POINT!

●別展開するメディアと同じテイストのデザインを採用。統一感を出して記憶に残りやすくしている
●スマホから訪問されることを前提にしたデザイン・設計
●気軽にお試しできるサービスを設け、使った人の記憶に残りやすくしている

 

1位 KDDI

KDDI スコア1

>>https://www.kddi.com/

一見、凝ったデザインには見えないホームページです。しかし、そのシンプルさに全ての力を注ぎ込んでいるところがポイントです。

 

KDDIというあらゆるサービスの大元である以上、それぞれについての情報を集めると膨大な量になります。

その膨大な量の情報を、いかに適材適所に配置するか?いかに訪問者にとって必要な情報をベストタイミングで出すか?

その答えが、トップページ上部のメニューの使いやすさにあらわれています。

 

まずは訪問者を個人か法人か?の二択で分け、選んだ方に対してすぐに次の行動へ誘導しています。

kddi

 

指示通りにクリックすれば、コンテンツの選択肢があらわれます。これで、膨大な情報量の中から希望のページにのみアクセスすることができます。

kddi

 

「見た目が斬新で格好よければ印象に残る!」と思っている経営者やWEB制作者に対し、「それが本質ではない」と真っ向から意見を投げかけるようなホームページです。

 

POINT!

●訪問者の利便性が第一。すぐに希望の情報にたどりつける設計
●トップページのメニューの操作性に注力し、膨大な情報を適切に振り分ける

 

結果が出るホームページが持つ2つの要素とは?

ホームページ

 

  1. その企業に興味関心のある人がホームページを見る
    ⇒問い合わせやサービス申し込みなど、実際にアクションを起こす
  2. 同業他社とどちらを利用しようか検討中の人が、ホームページを見る
    ⇒この企業を頼ろう!と決意が固まる
  3. 今はまだ必要ないけど、そのうちサービスを利用しようと考えている人がホームページを見る
    ⇒必要な時期になったら「あの企業の印象が良かった」と思い出す
  4. 現時点で全然その企業に興味のない人が、何かのきっかけでホームページを見る
    ⇒必要な時期になったら「あの企業の印象が良かった」と思い出す

 

このように、結果が出るホームページの参考例として、「企業サイトのWebユーザビリティランキング」TOP5をご覧いただきました。

 

ここで、とある共通点が見えてきませんでしょうか?

訪問者にとって印象が良く、記憶に残り、時期が来たら利用しようかな・・・という気持ちが芽生えるホームページとは・・・

 

  1. 訪問者(お客様)のことをめちゃくちゃ理解していて
  2. 「違和感」がない

ホームページです。

 

訪問者理解とは?

どんな属性の人がホームページを訪れるのか?その人はホームページに何を望んでいるのか?しっかりとリサーチすることです。

そのリサーチが土台となり、「訪問者のためのコンテンツ=訪問者が企業に対して信頼を感じるコンテンツ」が設計されます。

 

訪問者理解が十分でないと、いわゆる「ウチの会社ができること」ばかりが並んだ一方通行的なホームページになり、信頼を獲得するレベルには至りません。

 

もちろん、この記事でご紹介しているランキングトップ5のホームページも、最初からこの仕様だったとは限らないでしょう。

リサーチにリサーチを重ね、ホームページの微修正やリニューアルを重ねて今に至ったと考えられます。

 

よく「ホームページは”作って終わり”ではいけない」という言葉を耳にすると思いますが、その理由は「訪問者の真の望みを探り出すには時間がかかるし、時代によっても変わる」からです。

企業ホームページの内容に必須な項目7選!効果的な活用方法も こんにちは。musubuライターのまりもです。 今回の記事は「企業ホームページの内容って何を書けばいいの?」とお悩み方へ向けて書か...

 

違和感がないとは?

いくら訪問者にとって価値のあるコンテンツでも、たどり着くまでに「違和感」を覚えては信頼されません。

例えば、訪問者のセキュリティに配慮されておらず、URL横に「保護されていません」という表示が出るとか。(HTTPS化未対応のホームページ)

http

 

企業ホームページのSSL化の必要性|「保護されていない通信」はNG!SSL化・・・HTTPS化・・・ なにそれやらなきゃいけないの??必要なの?と思っているそこのあなた。もはやインターネット上でSSL化...

 

他にも、「見た目が古くさい」「画像や文字のフォントに統一感がない」「画像が粗い」「文字が詰まってごちゃっとしている」「どこをクリックすれば次のページに移動できるのか分からない」「スマホから見たら表示が崩れている」などが違和感の例に挙げられます。

企業のホームページ担当者必見!見やすいサイト作りの為の基本ルール自社のホームページからしっかり情報発信したい!お問い合わせの件数も増えて欲しい!多くの人はそんな思いでホームページを作成していると思いま...

 

訪問者に違和感を感じさせないことを、「優れたUI(User Interface)」や「優れたUX(User Experience)」と呼ぶこともあります。

簡単に言ってしまえば「何も考えていないボーッとしている時ですら、どこを操作すればいいのかすぐに分かる仕様」です。

そんなホームページが、年々企業に求められてきています。

 

優れたUI、優れたUXがいまいちピンと来ない方は、反対に最悪のUI、UXを体験すると腑に落ちると思います。

下のリンクから、とあるデザイン会社が実験的に制作した「直感操作ができないストレスのたまるWebサイト」が体験できます。興味があればどうぞ↓

>>“最悪のUI”を体験できるWebサイトをデザイン会社が制作 あまりの使いづらさにストレスがマッハ

 

中小企業のホームページは「ランキング上位の模倣」では足りない

コンテンツ作成

この記事を読んでいる中小企業のホームページ担当の方は、薄々こう感じているのではないでしょうか?

「そもそも名の知れている企業だから、ホームページでも結果が出るんでしょ」と。

 

確かにそれは一理あります。

ユニクロのヒートテックと、どこかの会社が出している類似品では、やはりヒートテックの方が「良さそう」と感じてしまうのは人の性です。

 

なので、前提として「有名なモノの方が良い」という心理が働く以上、中小企業のホームページは、ランキング上位の有名企業の「模倣だけでは足りない」のです。

 

いくら訪問者のことをめちゃくちゃ理解して情報を入れ、違和感のないデザインや操作性に仕上げても「ところで、おたくは”誰”なんですか?」という根本的な疑問が残ったままではなかなか成果に結びつきません。

 

中小企業のホームページの場合は、コンテンツやデザイン・操作性に気を配ることに加えて、『そもそも、この会社は誰に対して何をするのか?』を明確に打ち出すことが必要になってきます。

有名企業よりも、鋭いコンセプト(できれば、唯一無二のコンセプト)がホームページ上で表現できるのが理想です。

 

もしもあなたが、これから自社のホームページの改善やリニューアル・新規立ち上げに取り組む際は、コンセプトメイキングから始めてみられることをおすすめします。

独自コンセプト
他社と被らない!企業ホームページのコンセプトをバシッと決める方法企業ホームページの立ち上げ・リニューアル時の「コンセプト」を固める方法を解説した記事です。他社との差別化ができた独自コンセプトを作るために「企業のあり方」や「競合リサーチ」をしていきましょう。記入ができるワークシート付き。...

 

まとめ

「企業サイトのWebユーザビリティランキング」TOP5から、結果の出るホームページの共通点を解説しました。

  1. 訪問者(お客様)のことをめちゃくちゃ理解していて
    ⇒誰が、どんな意図を持って訪問してくるのかリサーチを重ね、最短で求めている情報や行動につながるように設計している

  2. 「違和感」がない
    ⇒セキュリティやデザイン・操作性で不便や不安を感じない

上の2つは必須条件です。

加えて中小企業の場合は「明確なコンセプト」の表現も必要になります。

 

簡単にパパッと作れそうなイメージがありますが、実は裏でさまざまなリサーチや検証がおこなわれるのがホームページ運営です。

ぜひ訪問者に良い印象を与えられる仕上がりを目指して、改良を重ねていきましょう。

ABOUT ME
佐々木絵美
佐々木絵美
通称”ささえみ”です。Webマーケティングユニット_musubuのコンテンツ(文章)設計担当です。WebサイトのSEO対策、キャッチコピーやランディングページなど「伝えるための文章作成」が得意。ブ〇ボンのお菓子を与えると喜びます。